スタッフブログ 多摩てばこネット編集部の日々

rss

「第13回 kunitachi ゆる市」

[イベント] 投稿日時:2018/04/15(日) 14:42



 開催は1年ぶりとのこと。
 立川・国立周辺の作り手やお店、
 そこに集う人々がゆるやかにつながる 
 「第13回 kunitachi ゆる市」へ。
 
 ​​​​​​ゆるっと近隣の方々がいらっしゃる
 のかなと思って伺うと、とんでもない!
 20ほどある出店の前に、
 それぞれ列が出来ていました。 
 たとえばこちら、「加藤けんぴ店」。 



 「日曜日に、芋けんぴが買えるなんて
 うれしい!すぐ売り切れて、
 なかなか手に入らないんですよ」。
 集われた方々が、親切に教えてくれます。 
 みなさん、お目当てがあるようです。

 今回、会場となったのは、
 国分寺市西町にある
  『ki-to-te』『アトリエつくる』
 空間も、とてもおしゃれ。
 食べ物に作家の作品、20ほど違う個性が
 集っているのに、自然な感じや心地よさやは
 共通していて、それが「kunitachi ゆる市」の
 世界観とも言えそうです。



 前田 充氏の『ki-to-te』
 出産のお祝いは、いつもこのスプーン。
 丁寧に名前を入れて下さるので
 とても喜ばれます。


 来場者をお迎えしてくれた、
 『ki-to-te』家の杢ちゃん。
 子供たちにも大人気です。



 若葉町『ひとひとて』のレモンスカッシュ(400円)。
 とってもおいしい。
 残念ながら、5/14(月)に現在のお店を閉じ、 
 ご主人の故郷、岐阜に移転されるそうです。
 今のうちに、手作りお菓子を味わって
 おかなくちゃ。
 立川で得られた沢山の宝物(人との出会い)を
 もって、益々、活躍して頂きたいです。
 


 陶器・灯かりアートピース・
 立体の制作などをなさっている
 作家 吉川裕子さんのコーナーから。
 お箸置き、マグカップ、小皿など、
 とってもステキ !

 年々パワーアップしている
 「kunitachi ゆる市」。 
 お弁当、ベーグル、お菓子、芋けんぴ、
 おにぎりお酒のおつまみ…
 すばらしい作家の作品も盛りだくさん。
 詳しくはコチラからどうぞ。

 次回も楽しみにしています。 

 by T.I









Facebookをされている方は
多摩てばこネットFacebook
ページに「いいね!」してください。
最新の立川情報をお届けいたします。


 

<< 2018年4月  >>