スタッフブログ 多摩てばこネット編集部の日々

rss

立川の公園・富士見町団地 おせんべいやま公園

[立川の公園] 投稿日時:2018/04/13(金) 20:00

立川市内の公園、緑地、緑道などをご紹介します!

【名称】富士見町団地 おせんべいやま公園
【所在地】立川市富士見町6-3,6-5 
【設備】特になし
【植栽】確認中


奥多摩街道と富士見通りの交差点から、多摩川方面に富士見高架を下ると、そこは立川市富士見町6丁目。
この富士見町6丁目には、35棟もある団地群「富士見町団地」があります。

富士見町団地群の一画には「立川市立新生小学校」が。
また6丁目の東隣、富士見町7丁目には「立川市立立川第八中学校」があり、富士見町団地からも多くの子どもたちが通っています。

今回ご紹介する富士見町団地内の公園は、立川市立新生小学校の東、富士見町団地の1号棟から7号棟がまとまるエリアにある「おせんべいやま公園」です。



富士見町団地群にある公園の中でも、この「おせんべいやま公園」は、団地の外周からは見えにくい団地と団地に囲まれたちょうど真ん中辺りにある公園。なので、この公園を見つけた時のイメージは、薄暗く寂しげな木立を抜けた先に、パ~っと明るく開けたオアシス。そんな雰囲気もありました。



しかも公園の名前は童謡に出てきそうな「おせんべいやま」。それこそ「どんぐりころころ」の歌の一節にでも歌われそうなネーミングにもほっこりです。



どんぐりころころの歌詞を口ずさみながら公園内を見渡すと、「おせんべいやま」と名付けられた公園には、山?らしき場所は見当たりません。
どこがおせんべいやま? そんな疑問を思いながら見上げた先の複合遊具。もしかして、この複合遊具のてっぺんの赤い部分に、この公園の名の由来があるのでは…。そんな勝手な想像すらも楽しい「おせんべいやま公園」です。







by ノックアウト♪






Facebookをされている方は
多摩てばこネットFacebook
ページに「いいね!」してください。
最新の立川情報をお届けいたします。


ハナミズキの歴史的背景 [ 立川に咲く花 ]

[立川 Botanical Garden] 投稿日時:2018/04/13(金) 17:30


 ソメイヨシノが散ると
 ハナミズキの花が咲き始めます。




 ここ柴崎公園には、
 赤い花をつける木が2本、
 白い花をつける木が3本
 あります。







 今でこそ当たり前に咲いている「ハナミズキ」
 ですが、その背景には歴史があります。


 1912年に当時の「東京市」がアメリカに
 日本を代表とする「サクラ」を贈りました。



 「ハナミズキ」は、1915年にその返礼として
 アメリカから贈られたのだそうです。

 

  時雨記









Facebookをされている方は
多摩てばこネットFacebook
ページに「いいね!」してください。
最新の立川情報をお届けいたします。


   

国営昭和記念公園 チューリップが満開です

[お知らせ] 投稿日時:2018/04/13(金) 17:00

晴天が続きますね。
国営昭和記念公園は春の花が満開。
渓流広場のチューリプ、平日にもかかわらずたくさんの人で賑わっています。



カラフルなチューリップ。



2色で丈の違うチューリップがきれいです。



「これは一見の価値があるね、来てよかったよと」満足げに語り合うご夫婦。
外国人観光客の方も多数、スマホを片手に、思い思いにシャッターをきっていました。
この週末も賑わいそうですが、少しお天気が心配です。

by JK







Facebookをされている方は
多摩てばこネットFacebook
ページに「いいね!」してください。
最新の立川情報をお届けいたします。


<< 2018年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30