スタッフブログ 多摩てばこネット編集部の日々

立川の柴崎分水を利用した水車跡 [立川の風景]

投稿日時:2018/03/17(土) 14:30rss

立川市柴崎町を流れている柴崎分水は、立川市内の北西方向、立川市西砂町と一番町の境、松中橋近くの玉川上水から水を引き込んだもの。もとをたどれば羽村市の取水口から取り込んだ多摩川の水です。



柴崎分水の流れを利用して、大麦や米の精白などをする水車が多い時には9か所ほどあり、活躍していたようですが、今はその姿を見ることができません。


上の写真の付近に、中島水車があったといわれている場所






諏訪神社の敷地内にも柴崎分水が流れている


上の写真は根川と柴崎分水の水を利用した内藤水車跡といわれている場所



春の穏やかな時に、立川の歴史散策に出かけてみては…。

 
by ノックアウト♪






Facebookをされている方は
多摩てばこネットFacebook
ページに「いいね!」してください。
最新の立川情報をお届けいたします。


<< 2018年7月 >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31