スタッフブログ 多摩てばこネット編集部の日々

サクラ 、3種盛り[ 立川に咲く桜 ] 立川の自然 [立川の桜]

投稿日時:2018/04/19(木) 18:50rss


 昨日は、ギョイコウ(御衣黄)
 ベニタマニシキ(紅玉錦)という
 2種のサクラを紹介しました。

 今日は、3種です。


 マツマエヤエコトブキ(松前八重寿)。



 イトククリとサトザクラの交配種で
 花は、弁数50~60の八重咲きで淡紅色。


 フゲンゾウ(普賢象)。


 
 花は八重、淡紅色で満開なると白色。
 室町時代から知られており、めしべの
 先端が曲がっている様子を普賢菩薩の
 乗っている象の鼻に例えたもの。


 最後は、スルガダイニオイ(駿河台匂)。



 花は一重の白色で香りがある。
 その名は、江戸駿河台のある庭園
 に生じたことから生まれました。


 散って尚、美しい。




 やはりサクラは、日本を代表する木です。


 撮影場所:東京都農林水産財団(富士見町)。




  時雨記









Facebookをされている方は
多摩てばこネットFacebook
ページに「いいね!」してください。
最新の立川情報をお届けいたします。


   

<< 2018年8月 >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31