スタッフブログ 多摩てばこネット編集部の日々

立川は、味覚の秋を迎えます。 [立川の四季]

投稿日時:2018/09/06(木) 18:00rss

台風が過ぎたかと思えば今度は地震。
日本列島、いつ、どこで、何が起こるのかわかりません。

立川市内を通る西武拝島線「武蔵砂川駅」の近くには、カキやミカンなどを栽培している場所があり、その他、秋の味覚もたわわに実っていました。

これはイチョウの樹です。
シャインマスカットのように緑が美しい大粒のイチョウの実が、たくさん実っています。





以前、クリの花の事をこのブログで紹介しましたが、月日が経ち、見事に結実したクリの実。
イガイガがパカッと割れて、いがぐりの中から、クリの実が顔を出していました。
クリの樹の下には、台風の影響でしょうか、無数のいがぐりが落ちていました。





残堀川近くのカキ畑。「モモ クリ 3年 カキ8年」のことわざもありますが、立派な大きさに育ったカキが、これから色をつけるところでした。季節は着実に深秋へと向かっているようです。




by ノックアウト♪






Facebookをされている方は
多摩てばこネットFacebook
ページに「いいね!」してください。
最新の立川情報をお届けいたします。


<< 2018年10月 >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31