街の情報コーナー

立川をはじめ多摩エリアのイベント、メンバー募集、耳寄り情報などをご紹介するインフォメーションコーナー。皆さまからの情報も随時募集しています。
情報掲載をご希望の方は、メールよりご応募ください。
※ 内容によってはお載せ出来ない場合もあります。あらかじめご了承ください。
<<前へ

町田市フォトサロン展示予定

[展覧会] 投稿日時:2018/04/18(水) 11:22

薬師池公園内にある町田市フォトサロンでは、展覧会と講座を開催します。

【展示予定】
<1階展示室>

4月18日(水)~4月23日(月)
薬師台1丁目フォトクラブ写真展 ※
4月25日(水)~4月30日(月)
島田昇「眺望富士4」※
5月2日(水)~5月7日(月)
滝野侃一「デジカメ写真は「ひねってなんぼ」partⅡ写真画の世界」※ 
5月9日(水)~5月14日(月)
フォト水曜会写真展 ※
5月16日(水)~5月21日(月)
JA町田市忠生支店フォトクラブ写真展 ※
5月23日(水)~5月28日(月)
フォトキャッツアイ写真展 ※
5月30日(水)~6月4日(月)
第17回成瀬台フォトクラブ展 ※
6月6日(水)~6月11日(月)
第14回能ヶ谷フォトサークル写真展 ※
6月13日(水)~6月18日(月) 
第3回「4人展」※
6月20日(水)~6月25日(月) 
フォトサルビア第五回写真展 ※

<2階展示室>
4月18日(水)~4月23日(月)
フォトクラブ楽楽「野鳥、風景展」 ※
4月25日(水)~5月7日(月)
やまだしんいち「ぶらり お花紀行~」 ※
5月9日(水)~5月20日(日)
春の薬師池公園作品展
5月23日(水)~5月28日(月)
佐藤昭一「佐藤昭一写真展2018 日々の中から」 ※
5月30日(水)~6月4日(月)
戸村國雄「キューバの風」 ※
6月6日(水)~6月11日(月)
<フォトサロン利用予定>
6月13日(水)~6月18日(月)
第9回写彩町田写真展 ※
6月20日(水)~6月25日(月)
フォトクラブF5.6写真展 私たちが見つめた自然 ※

※は初日13時開場、最終日15時終了
▲は最終日15時終了

■会場:町田市フォトサロン

[所在地]町田市野津田町3272薬師池公園内
[TEL]042-736-8281
交通アクセス

【撮影会・教室】
ー野津田公園ばら撮影会ー
〇日時:5月19日(土)10:00~12:00(小雨決行)
〇会場:野津田公園ばら広場
[所在地]町田市野津田町2035番地
〇参加費:無料
(事前申し込みはございません。直接会場までおいでください)

ーピンホールカメラ教室ー
ピンホールカメラの楽しさを体験してみませんか。カメラ作り~撮影、暗室でモノクロ写真のプリントを行います。撮影した写真は当館で展示します。
〇対象:小学生以上(子供のみ、大人のみの参加も可)
〇日時:7月24日(火)、7月25日(水)
【午前の部】9:30~11:30
【午後の部】12:45~14:45
※すべて同内容です。
〇定員:各回12人(多数の場合、抽選)
〇費用:1000円(材料費、保険料他。当日徴収)
〇会場:町田市フォトサロン
〇申込方法:
「往復はがき」にて受付。「住所」「参加者氏名(学年)」「電話番号」「第1、第2希望の日時」を記入。
〇送り先:
 〒195-0063
 町田市野津田町3272 薬師池公園内
 町田市フォトサロン「ピンホール」係
〇締め切り:7月10日(火)必着

本多真理子 展 - Flowers

[展覧会] 投稿日時:2018/04/13(金) 13:51

体感する時間とは時によって短く、時に「よって長くにも感じるが時計では一秒一秒規則正しく刻まれている。皆に同じく流れているはずの時の流れを水滴や砂の落ちる様で可視化している。今回のタイトルは「Flowers」白い花々が会期中色づいていくインスタレーション。花が咲いている時間は短いがそのサイクルの早さが未来への予見につながる。それは儚くもあり希望につながるものと信じたい。




2016年「本多真理子展」より

■会期:2018年5月12日(土)~5月27日(日)
12:00~19:00(木曜休廊)
*最終日は17:00まで

■場所:ぎゃらりー由芽
[所在地]三鷹市下連雀4-15-2 ホワイトマンション101
[TEL&FAX]0422-47-5241
交通アクセス

林 宏 彫刻作品展

[展覧会] 投稿日時:2018/04/13(金) 10:51

一般財団法人 家具の博物館では、昭島人物紹介展「林 宏 彫刻作品展」を、来る平成30年5月12日(土)~27日(日)までの期間、開催いたします。

昭島人物紹介展は、昭島市で家具工芸などの創作活動を行っている人物を紹介する年に1度の展示会です。今回は、昭島市生まれの彫刻家である林宏氏の生命感あふれる個性豊かな彫刻作品約15点をご覧いただけます。

林氏は、東京芸術大学彫刻家を卒業後、石彫家として活躍し、1985年国展で新人賞を受賞されました。翌年の国展では国画会60回記念桜井裕一記念賞、さらに、2007年桜の森彫刻コンクールでは優秀賞を受賞するなど、芸術性豊かな作品は高く評価されています。また、昭島では、2004年に昭島市役所ロビーにて個展を開催し、2006年には昭島市総合スポーツセンター中庭に作品が設置されております。

一般財団法人家具の博物館は、伝統ある歴史上の家具を収集・保存し、家具の伝統を後世に伝えるとともに、新時代の家具の創造・研究に資することを目的に設置された博物館です。
当館では、今後も主要なコレクションや昭島人物紹介展などを通じて、“伝統ー継承ー創造”という視点から、人類の作り出した文化遺産としての家具を収集・保存・展示し、博物館活動を続けて参ります。




「いのちについて」

■会期:2018年5月12日(土)~5月27日(日)

■時間:10:00~16:30(入館は16:00まで)

■休館日:毎週水曜日

■入館料:無料(「国際博物館の日」記念事業として)
※通常:一般200円、高校生以下無料

■開催場所:一般財団法人 家具の博物館
[所在地]昭島市中神町1148
交通アクセス

童謡誕生100年 童謡とわらべ唄 ー北原白秋から藪田義雄へー

[展覧会] 投稿日時:2018/04/13(金) 10:15

童謡は童心童話の歌謡であるー北原白秋(『新興童謡と児童自由詩』より)

第一次世界大戦による経済的繁栄と近代的市民階層の誕生を背景に、1918(大正7)年、児童向け雑誌「赤い鳥」が創刊されました。主宰者である鈴木三重吉は「世俗的な下卑た子供の読みものを排除して、子供の純性を保全開発する」ことをモットーに掲げ、芸術性の高い童話・童謡を子どもたちに届けました。北原白秋は創刊時より本誌に作品を発表。白秋によって確立された芸術性の高い童謡は、子どもたちや教育に熱心な大人たちに支持され、「金の船」や「コドモノクニ」などの後続誌にも大きな影響を与えるなど、昭和初期にかけて隆盛を極めました。「からたちの花」や「この道」など今なお愛唱される歌が多く残っています。

一方で白秋は、創作のかたわら、各地に伝わるわらべ唄の収集・紹介にも力を入れていました。晩年、全国各地のわらべ唄を集めた『日本伝承童謡集成』の刊行を企画しますが、病のため、弟子の藪田義雄を編集主任に指名します。小田原中学校在学時に知遇を得てから白秋に師事し、秘書として支えた藪田は、白秋の遺志を継いでわらべ唄研究に勤しみ、白秋の顕彰にも力を注ぎました。1969(昭和44)年に町田市に居を移し、『評伝 北原白秋』(1973)、『日本伝承童謡集成』復刻新版(1975)を刊行。1976(昭和51)年に『日本伝承童謡集成』編集者代表として、日本童謡賞特別賞を受賞しました。

本展では、北原白秋により確立された童謡が、誕生から100年を迎えることを記念し、白秋の作品世界と童謡に込めた願い、白秋の思いを引き継いでわらべ唄の研究をライフワークとした詩人・藪田義雄の軌跡を辿ります。師弟二人が大切にした日本語の芳醇な世界、調べの美しさに触れていただければと思います。





■会期:2018年4月21日(土)~6月17日(日)

■休館日:毎週月曜日(ただし4月30日は開館)、5月10日(木曜日)、6月14日(木曜日)

■観覧時間:10:00~17:00

■観覧料:無料

★関連イベントなど詳細はこちらをご覧ください。

■特別協力:小田原市立図書館

■協力:
岩波書店、金の星社、県立神奈川近代文学館、島田コレクション、ちひろ美術館、都立多摩図書館、日本近代文学館、明治大学図書館、童謡100年プロジェクト

■開催場所:町田市民文学館ことばらんど
[所在地]町田市原町田4-16-17
交通アクセス

昭和天皇記念館 企画展示「昭和天皇・香淳皇后のご肖像」

[展覧会] 投稿日時:2018/04/01(日) 15:17

今回の企画展示は、記念館で保管しています両陛下のご肖像画を中心にその他関連する絵画、資料及びお写真により、両陛下の青年期、戦後、晩年のご様子を振り返ろうとしたものです。

展示いたしますご肖像画は、大正ご訪欧の折に英国の肖像画家オーガスタス・ジョンにより一時間ほどで仕上げられました「昭和天皇御肖像」や同じ頃、女性像で定評のある岡田三郎助により謹写されましたご成婚まぢかの「良子女王御肖像」二点、また戦後二紀会を中心に活躍した真野広筆の名古屋駅前行幸の折の「昭和二十一年愛知県行幸図」と昭和五十年ご訪米の折の「ホワイトハウスで歓談される昭和天皇香淳皇后とフォード大統領ご夫妻」、更に東京美術学校(現在の東京芸術大学)で岡田三郎助教室に学び、梅原龍三郎を生涯の師と仰いだ久保守による晩年の「昭和天皇御肖像」で、他に大正ご訪欧の折、パリで自らお買い上げになりました「獅子の出立」ターデ・スティカ筆や大型写真パネルの昭和五十九年夏「那須御用邸の両陛下」及び関連資料が並びます。

今回は開催期間が長期に及びますので、四季折々いずれの時期にご来館いただきましてもゆっくりご覧いただけます。皆様のご来館をお待ちしています。


ホワイトハウスで歓談される昭和天皇香淳皇后とフォード大統領ご夫妻  
真野 広筆

■展示作品
油彩 昭和天皇御肖像 オーガスタス・エドウィン・ジョン筆
(写真複製版。原本宮内庁所蔵)
油彩 良子女王御肖像 薄紫地 岡田三郎助筆
(写真複製版。原本宮内庁所蔵)
油彩 良子女王御肖像 緑地 岡田三郎助筆
(写真複製版。原本宮内庁所蔵)
油彩 昭和二十一年愛知県行幸図 真野 広筆
(写真複製版 原本宮内庁所蔵)
油彩 ホワイトハウスで歓談される昭和天皇香淳皇后とフォード大統領ご夫妻
真野 広筆
パステル 昭和天皇御肖像 久保 守筆
油彩 獅子の出立 ターデ・スティカ筆
(写真複製版 原本個人蔵)


■会期
平成29年6月8日(木)~平成30年12月30日(日)(予定)

■開館時間
  3月1日~10月31日  9:30~17:00
11月1日~  2月末日  9:30~16:30 

■休館日
月曜日(月曜日が休日の場合は直後の平日)
年末年始(12月31日、1月1日)
特別展示・企画展示開催前後の整理期間(各約1週間)

■入館料
  記念館のみ 公園とのセット券
一   般 510円(360円) 720円(550円)
大学生・高校生 300円(210円) 590円(440円)
中学生・小学生 100円(70円) 140円(100円)
シルバー 410円 520円

※(  )内は20名以上の団体料金です。
※心身障害者と介護者1名は無料です。
 (入館の際、障害者手帳等をご提示ください。)
※団体観覧の場合は事前に記念館事務所にお申し出ください。
※シルバー(65才以上の方)は年齢を証明できるものを
 ご提示ください。なお、団体料金の設定はありません。
 
■開催場所   昭和天皇記念館  
[所在地]
立川市緑町3173 国営昭和記念公園 花みどり文化センター内
[アクセス]
JR「立川駅」北口から13分
多摩都市モノレール「立川北駅」から11分
«前へ