■この記事のカテゴリー 時の人インタビュー/立川駅
■この記事の掲載日 2015.07.31

時の人インタビュー

2015年 8月1日
光と音のシンフォニー 第27回 立川よいと祭り
開催!

立川市の市民まつりとして、2015年で27回目を数える「立川よいと祭り」。
立川市自治会連合会会長の萬田和正さんは、立川よいと祭りの実行委員長として、今年で4回目の夏を迎えました。私たちが暮らす“たちかわ”市民の祭典。立川よいと祭りの意義、見所などを伺いました。
 

■立川よいと祭りは、立川の伝統、文化を継承する市民の祭典
今年(2015年)で27回目を数える「立川よいと祭り」は、立川の伝統、文化を継承する市民の祭典として、平成元年よりはじまりました。会場を多摩都市モノレール「立川北駅」北側のサンサンロードで開催して、昨年には9万人を動員(主催者発表)する夏の大イベント。萬田和正さんは実行委員長として、今年で4回目の夏を迎えました。
 
 
■地元“たちかわ”への篤い思いが結集
回を重ねるごとにパワーアップするサンサンパレードでは、時間ごとに、YOSAKOIなるこ踊りや民謡流し踊りのほか、各町会それぞれを代表する、お囃子や大太鼓、万灯神輿などが集い共演します。
「かつて、砂川の各町会にあった山車の里帰りやお盆の行事として行われてきた松明回しなど、このお祭りは地域社会のコミュニティー、たちかわの伝統、文化を継承していくことを考えています。またそれを通して、ふれあい、交流、絆や連携をはかっていきたいと願っています」と、萬田委員長の地元“たちかわ”への篤い思いが結集しています。

 
  
 
■2015年。今回の見所は
毎回まいかい見所満載ですが、あえて今回の見所をお薦めいただくとしたら…。
「ウッドデッキエリアで行う太鼓の響演も、毎回ご好評をいただいておりますが、警視庁の騎馬隊による騎乗体験がお薦めです。小学校2年生以上のお子様が対象で、先着80名ほどですが、ぜひ参加していただきたいです」。― ―本部(損保ジャパン日本興亜ビル駐車場)前で、13時30分から予約を受け付けます。
 また、体力に自信のある方は、立川競輪場の体験コーナーや販売内容が異なる14店舗の模擬店もあり「皆様のご来場をお待ちしております」。
 
  
 
2015年。立川よいと祭り
日 時:8月1日(土)正午~午後9時 セレモニー午後5時
会 場:サンサンロード(立川駅北口多摩都市モノレール下)※荒天中止
主 催:立川よいと祭り実行委員会  共 催:立川市、(公財)立川市地域文化振興財団
 
お問合せ:立川よいと祭り実行委員会事務局 (公財)立川市地域文化振興財団内
TEL 042-526-1312  当日TEL 090-3094-4948

 

光と音のシンフォニー 第27回 立川よいと祭り実行委員長 萬田和正さん