■この記事のカテゴリー お店ノート/スイーツ・洋菓子・和菓子/フード・テイクアウト/立川駅
■この記事の掲載日 2017.01.23

お店ノート

スイーツ・洋菓子・和菓子

「お菓子司 井筒屋」 

立川市曙町



創業、昭和8年の
老舗和菓子屋「井筒屋」。
名物、あんどーなつが
テレビで話題になっても、
店主 中里吉雄さんの仕事は、
今も昔も変わりません。



◆あんどーなつ。外はサクッ。中に北海道産小豆を練り上げたつぶ餡がぎっしり。油っぽさを感じないのも特徴です。


「沢山売ろうなんて思って、
味を落とすようなことは
したくない。」
店先に並ぶ和菓子を
すべて一人で、
コツコツ作り続けています。



◆さくらもち

「和菓子というのは、
小豆が基本。」
上質な北海道産を使い、
小豆の煮汁をすべて捨てずに、
“渋”をあえて残すのが
井筒屋流なのだとか。



◆じょうよ饅頭

茶道を習っている娘さんの
リクエストで作り始めた
じょうよ饅頭は、
お芋の粉と小麦粉を
半分ずつ混ぜて作るもの。
いい粘りが出るそうです。



◆手前より、きんつば、草もち、吹雪。

「今日の味がどうだろうかと、
いつも気になる。
“あんこ”から、
いいものを作りたいねぇ。」
と話す中里さん。

「仕事が好き。
和菓子づくりが楽しい!」
という生粋の職人は
立川シネマ通りにいます。





「お菓子司 井筒屋」 
所在地 立川市曙町2-28-11
アクセス 立川駅北口下車
徒歩約7分
TEL 042-522-4433
営業時間
9:00~18:00
定休日 月曜日
※2017年1月現在

お菓子司 井筒屋