■この記事のカテゴリー お店ノート/フード・テイクアウト/立川駅
■この記事の掲載日 2016.02.18

お店ノート

フード・テイクアウト

Kaeru Bagel  
<かえるべーぐる>

立川市富士見町





白と木目を基調とした
ナチュラルなデザイン。
窓から差し込むやわらかな光が
心地いい『Kaeru Bagel』。



オーダーメイドの対面式ショーケース
には、40以上
あるレパートリーから
毎朝焼き立てのベーグルが約12種類
並びます。


「何度も来て下さるたび目新しさを
 
感じてもらえるように」。
季節の素材や組み合わせ、食感などを
少しずつ変え
常に飽きさせないよう
工夫しています。


原材料は北海道産の小麦とバター、
沖縄のキビ糖を使用。
甘味とコクを引き立てるもっちりとした
生地に仕上げます。



お店の周辺は幼稚園や小学校など、
教育機関が集まる地域。
小さなお子さんにも安心して食べて
貰えるよう、提携先から仕入れた
無添加の手作りジャムも販売。
食育の一環を兼ね、今後もおいしい
ものを提供していきたいと話します。
 
今は会話を交わさずとも、
モノが買える時代。
お客様とのコミュニケーションを
楽しみたいと『Kaeru Bagel』では
ここでもひと工夫。
商品名以外は何が入っているか
表示をしていません。
「これは〇〇が入っていますよ」
「コショウが効いていますが
 大丈夫ですか?」
若い方から、お年を召した方まで
何気ない会話を通して少しずつ地域
とのつながりを感じているそうです。

ゆくゆくは、朝・昼・晩の食事の中に、
ベーグルも選択肢に入れてほしい。
来店が難しい方のために
通信販売も考えています。
 


ご主人がカエルに似ていたり、
縁起が良いことから
名付けた店名『Kaeru Bagel』。
といっても、やはり本物は苦手とか。
カエルのキャラクターのように
親しみやすいお人柄の店主。
もっちりおいしいベーグルを買って
笑顔でかえるお客さまが
増えています。


左)ゴロゴロベーコン 右)めんたいこ
しっかり食べたい男性も
これなら満足。具がたっぷり、
ボリュームのあるベーグルも

揃っています。 




きんぴら 
スタンダードの他に、意外な組み合わせ
によるベーグルも好評。
「きんぴら」、自家製 海苔の佃煮と
クリームチーズを合わせた「のりチーズ」、
「和牛の佃煮」など和のメニューも人気!


 

ベーグルと共に人気の食パンと
「こどもも」のにんじんジャム

4種類の中から、毎日1種類が焼かれます。
 パンが苦手なお子さんも「Kaeru」の
食パンならゴキゲン!とか。
 

facebookで翌日のメニューを公開中!
「足を運んで頂いた時、
お目当てのベーグルがなかったら
申し訳ない」との思いから、
前日の夜に、翌日のメニューを
facebookで公開しています。
ご参考にどうぞ。




Kaeru Bagel  
<かえるべーぐる>
所在地 立川市富士見町5-2-5
ABドウエル富士見Ⅲ 1F
アクセス JR立川駅南口徒歩15分
TEL 080-2116-2436
営業時間 11:30~18:00頃まで
定休日 日曜日・月曜日
ホームページ お店のホームページ
facebook 
 (翌日のメニューがご覧頂けます。)
※2016年2月現在

Kaeru Bagel       <かえるべーぐる>