■この記事のカテゴリー お店ノート/和食/三鷹駅
■この記事の掲載日 2013.05.22

お店ノート

和食

いしはら食堂

三鷹市下連雀



午前3時半。
昭和50年創業『いしはら食堂』の
朝は早い。5時から8時まで、
仕事に出かける人の朝食を作るためだ。
「いつかお昼を食べようと入ったお店で、
休憩中だと断られた。
そういうのは絶対止めようと思った」と話す
ご主人の石原新吉さん。



平成5年、お店を建て替えた時、お祝い替わりと
おかみさんのお兄さんが手書きされたメニュー札。
20年間、値段はほとんど変わっていない。



営業日は、朝から夜まで。
50種類以上のメニューから
好きなものを選べる、知る人ぞ知るお店。
「安くしようと思ったら
一から手間ヒマかけないと」
『いしはら食堂』ではすべてが手作り。

出汁をとる、コロッケを作る、 アジフライ
のパン粉をつける、 お客さんがいない時は
ひたすら仕込み。
「やることいっぱいあるんですよ」。
厨房を離れると、厳しい職人の顔も解け、
満面の笑みで応えてくれるお父さん。
その傍らで、お客一人ひとりに気を配り、
やさしい声をかけるおかみさん。
若い力で支える 息子さんとお嫁さん、
時にはお孫さんも 加わって。
まさに、あ・うんのチームワーク!



ボリュームたっぷりの肉野菜炒め、
卵2つのハムエッグ。
定食(お味噌汁・ご飯・お漬物。

顔に当たらないよう、少し折り曲げたのれん。
いつもお客さんの立場になって動く
『いしはら食堂』の心遣い。



出入り口には、
品数多い・早い・うまい・安いの文字。
裏切らない満足度で、お腹いっぱい。




いしはら食堂
所在地 三鷹市下連雀3-6-27
アクセス

JR三鷹駅南口、徒歩7分
三鷹駅から560m

TEL 0422-47-6714
営業時間 [日~金曜日] 5:00~20:00
定休日 [土曜日] 5:00~8:00
※2013年5月現在

いしはら食堂