街のインフォメーション

知識と娯楽のフェスティバル
「明治の博覧会」展2019年1月5日(土)~3月24日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
<GAS MUSEUM がす資料館>では、2019年1月5日(土)~3月24日(日)まで、本年度第四回企画展として『知識と娯楽のフェスティバル「明治の博覧会」展』を、ガス灯館2階「ギャラリー」にて開催致します。

明治5年(1872)に政府は博物館設立準備のため、そして翌年に開催されるウィーン万国博覧会の準備を兼ね、全国各地より古器旧物のほか書画工藝や動植物標本を集めて展示する博覧会を、湯島聖堂を会場として開催しました。
万国博覧会への出品を経て得た経験を踏まえ明治政府は、明治10年(1877)に殖産興業や富国強兵の一環として全国よりさまざまな文物を集め、分類比較して人々に紹介する内国勧業博覧会を、上野公園を会場として開催しました。
その後五回まで開催された内国勧業博覧会は、回を重ねるごとに娯楽性も高まりますが、本来の目的である人々の知的好奇心を刺激し、優れた出品物は表彰の栄誉を受けました。また、明治時代より内国勧業博覧会とは別に、小規模な博覧会は開催されており、大正時代以降も昭和から平成の時代となっても、大小さまざまな博覧会が開催されてきました。

展示会では、明治東京で開催された内国勧業博覧会の様子を描いた作品を中心に、出品された文物を見学する。さまざまな階層の人々の姿が描かれた作品を紹介します。

大日本内国勧業博覧会之図 美術館出品之図
歌川芳春  明治10年(1877)

第二回内国勧業博覧会内美術館噴水
小林清親 明治14年(1881)

■会期:2019年1月5日(土)~3月24日(日)

■休館日:月曜日
※1月14日・2月11日(月・祝)開館、1月15日・2月12日(火)休館

■開館時間:10:00~17:00

◆入場無料◆ 

■会場:<GAS MUSEUM がす資料館>
[所在地]小平市大沼町4-31-25
交通アクセス