街のインフォメーション

なぞなぞ絵解き 判じ絵展
―江戸の庶民と知恵比べ―2019年4月5日(金)~5月12日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
判じ絵は、江戸時代の庶民に幅広く親しまれた、絵を読み解いて答えを導き出すなぞなぞです。浴衣や手ぬぐいの柄としてよく知られている「鎌○ぬ(かまわぬ)」も、江戸時代前期から存在する「なぞ染め」とよばれた判じ絵の一種といわれています。

判じ絵は、平安時代後期から行われていた「ことば遊び」の要素や、中世以降のさまざまな「なぞ」の要素などが組み合わさって形成されたと考えられています。その完成は江戸時代に入ってからとされ、特に幕末期以降多くの浮世絵師たちによって多種多様に描かれ、大いに流行しました。テーマとなるものは、手紙、地図・地名や動植物、台所用品、役者や力士の名前など多岐にわたります。

実際に判じ絵を解いてみようとすると、画中には不思議な図柄が描かれており、答えをすぐに導き出すのが難しい場合が多々あります。当時解読に挑戦した人々も、きっと大いに頭を悩ませたことでしょう。しかし、様々に推理を重ねながら描かれたものの様子とその音(読み)などを推し量って謎解きをしていく、その過程を楽しむことこそが、判じ絵の大きな魅力となっているのです。

本展覧会では、江戸時代の浮世絵師たちが描いた判じ絵を中心に、100点あまりを紹介します。江戸の庶民と知恵比べをしながら、奇想天外かつ愉快な判じ絵の世界をお楽しみください。

歌川重宣「勝手道具はんじもの 下」嘉永四年(1851)

観覧料

一般600円(480)円
学生[小学生以上]・65才以上300(240)円
未就学児無料
土曜日は小中学生無料
(  )内は15名以上の団体

会期中のイベント

■講演会『判じ絵あれこれ~なぞときの楽しさ~』
展覧会の監修者である岩崎均史先生(静岡市東海道広重美術館館長)をお招きし、判じ絵の魅力となぞときの楽しみ方について詳しくお話しいただきます。
○講師:岩崎均史(静岡市東海道広重美術館 館長)
○日時:4月20日(土)14:00~15:30
○会場:八王子市学園都市センター第5セミナー室
[所在地]八王子市旭町9-1 八王子(東急)スクエアビル12階
○費用:無料
○定員:45名(先着順)
○申込: 夢美術館へお電話(042-621-6777)でお申し込みください。
名称 なぞなぞ絵解き 判じ絵展
―江戸の庶民と知恵比べー
イベント日程 4月5日(金)~5月12日(日)
10:00~19:00
(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】月曜日 ただし4/29、5/6は開館し、5/7が休館
イベント会場名称 八王子市夢美術館
所在地 八王子市八日町8-1
ビュータワー八王子2階
交通アクセス