• Top
  • 街のインフォメーション
  • 所蔵作品展「旧中村研一邸主屋及び茶室(花侵庵)有形文化財登録決定記念 すなはち喫茶すー中村研一の日常と「茶」」
街のインフォメーション

所蔵作品展「旧中村研一邸主屋及び茶室(花侵庵)有形文化財登録決定記念 すなはち喫茶すー中村研一の日常と「茶」」2019年3月17日(日)~5月12日(日)


終戦間もなく小金井に転居した中村研一。当初はずいぶんと不自由に感じられたようです。しかし不自由ながらも日々を楽しみ、自宅やアトリエの築造に着手していました。

 「美術の森」緑地の中にある旧中村研一邸の主屋、そして茶室「花侵庵」が最終的に
完成するのは1959年から1961年にかけてのことです。日記には完成を心待ちにする心
境や、築造について建築家・佐藤秀三と検討を重ねたことも記されています。

こうした住環境へのこだわりは画家としての中村に留まらず、彼の「茶」に対する強い興味と結びついていると言えます。中村研一の日記にはしばしば、茶碗を愛で、あるいは自ら作陶に打ち込んだという記述も登場します。画家としてアトリエなどを整えるとともに、茶のための理想的な空間を実現しようとしたのでしょう。
中村の茶への関心は儀礼的な完成を目指すというより、とても自由なものでした。西
洋式の暮らしの中にある器も、彼にとっては愛着のあるものだったと言えます。「茶」
はより多面的なもの、そして一面においては日常そのものととらえられていたのです。

本展では、中村研一の暮らしにおける多様な「茶」の関わりを紹介します。なお、旧中村研一邸主屋と茶室「花侵庵」は、この度国の登録有形文化財(建造物)として登録される運びとなりました。「美術の森」緑地を散策し、中村研一がかつて暮らした住まいをご覧いただければ幸いです。

■会期:2019年3月17日(日)~5月12日(日)

■開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)

■休館日:月曜日 ※4月29日(月)、5月6日(月)も休館

■観覧料:一般200円  小中学生100円
*未就学児および障害者手帳をお持ちの方は無料
※5月12日(日)は中村研一の誕生日(5月14日)を記念した無料観覧日

■主催:小金井市立はけの森美術館

関連イベント

【1】ギャラリートーク(学芸員が作品等を解説)
●日時:2019年4月6日(土)、5月4日(土)
 いずれも14:00~14:30
★事前申込不要・参加費無料(要観覧券)

【2】「美術の森」緑地トークツアー「研一さんのお宅訪問」
「美術の森」緑地を見学し、旧中村研一邸主屋及び茶室(花侵庵)を見学するレクチャーツアーです。
●日時:2019年3月30日(土)14:30~16:00
●会場:はけの森美術館多目的室、「美術の森」緑地
●ツアー引率:当館学芸員、伊藤裕久(東京理科大学工学部建築学科教授)ほか
●定員、費用等:15名(多数抽選・小学生以上):800円(ドリンク代)
●申込締切:2019年3月23日(土)(必着)
●申込方法:
往復はがき・FAX・E-mailのいずれかで返信先明記の上、下記までお申込みください。
【メールアドレス】s030999@koganei-shi.jp
【FAX】042-381-5281
【郵便】(往復はがき)
〒184-0012 小金井市中町1丁目11番3号 
小金井市立はけの森美術館
 
名称 旧中村研一邸主屋及び茶室(花侵庵)有形文化財登録決定記念 すなはち喫茶すー中村研一の日常と「茶」
イベント日程 2019年3月17日(日)~5月12日(日)
10:00~17:00
【毎週月曜休館】
イベント会場名称 小金井市立はけの森美術館
所在地 小金井市中町1-11-3
交通アクセス