街のインフォメーション

没後130年「井上安治」展2019年4月2日(火)~6月23日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
<GAS MUSEUM がす資料館>では、4月2日(火)~6月23日(日)まで、ガス灯館2階「ギャラリー」にて、2019年度第一回企画展『没後130年「井上安治」展』を開催致します。
元治元年(1864)に浅草に生まれた井上安治(いのうえやすじ)は、「光線画」の作品で人気を博していた小林清親へ15歳で入門し、明治13年(1880)には早くも作品を発表しました。師の作風を模倣しつつも自身の感性で捉えた東京風景を表現し、師の清親が「光親画」を手がけなくなった明治14年(1881)以降も作品を描き続けました。
また、代表作のひとつに明治14年(1881)から没年まで手がけた、134点の作品を数える「東京真画名所図解」と呼ばれる一連の作品では、開化東京の風景を題材に取り上げて描きあげました。
明治17年(1884)からは、「探景」(たんけい)の画号を用いて三枚続きの開化風景や教訓画、時事報道関係、相撲絵なども描くようになりました。
しかし明治22年(1889)に26歳の若さで急逝し、その活躍も終わりを迎えました。
 

井上安治 銀座商店夜景 明治15年(1882)


展示会では、井上安治が描いた開化東京の様子を取り上げた作品を中心に、亡くなるまでの10年あまりの活動時期に描かれたさまざまな分野の作品とともに紹介します。

 
名称 没後130年「井上安治」展
イベント日程 4月2日(火)~6月23日(日)
【休館日】月曜日
※4/29(月・祝)、5/6(月・振休)開館、5/7(火)休館
10:00~17:00
イベント会場名称 ガスミュージアム 
ガス灯館2階 ギャラリー
所在地 小平市大沼町4-31-25
交通アクセス