街のインフォメーション

大日本タイポ組合展
「文ッ字-いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」2019年4月20日(土)~6月30日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
本。雑誌。ポスター。テレビ。パソコン。スマートフォン。
街で見かける看板。
私たちの暮らしは文字で溢れています。
毎日の生活の中で、ついつい読み流してしまう文字も、
目を凝らして見ていくと、用途や目的に合わせて選ばれ
デザインされています。
ちょっとずつ、ちょっとずつ、
形を巧みにかえ、斬新なアイデアをプラスして。
だから、もっとデザインされた文字の美しさに注目してほしい。
文字で遊ぶ面白さに笑みを浮かべてほしい。
発想の豊かさに気づいてほしい。
そんな想いで、大日本タイポ組合展を企画しました。
「文ッ字-いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」
それは、文字と文学はかたちが似ているといった、
ちょっとした思いつきからスタートした、
文字と文学の間をデザインする試みです。
大日本タイポ組合
1993年秀親と塚田哲也の2人で結成。日本語の五十音や漢字、アルファベットを解体し、組み合わせ、再構築することによって、新しい文字の概念や可能性を探り続ける実験的タイポグラフィユニット。2014年「文字による文字のための文字のサイト」type.centerを立ち上げ、様々な角度から文字の探求を続けている。
ロンドン、バルセロナ、東京での個展のほか、世界各地で開催される企画展にも参加。山梨県立美術館で開催する「デザインあ」展(4月13日から6月9日)に、奥田透也、宇野由希子と共に制作した「名は顔をあらわす」で参加するほか、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催する「TDC2019」(4月3日から4月27日)にも参加。

関連イベント

■オープニングイベントライヴ&トーク
玉名ラーメン×なみちえ×大日本タイポ組合
「Match DA 文ッ字」

女子高生ラッパーの玉名ラーメン、藝大に在学中のアーティスト・なみちえ、大日本タイポ組合の4人が文字とことばの魅力をお届けするライブ&トークです。
[日時]4月20日(土)10:00~11:00
[定員]60名(先着順・申込不要)

■講演会
正木香子講演会、文字のチカラ~「文学×書体」味くらべ~

すばらしい読書体験には、書体の存在が欠かせません。
現代文学と書体とのさまざまな「名作組み合わせ」を例に、深い味わいを生み出した文字の役割について考えます。
書体を通して、私たちの誰もが持っている「本に出会う力」を発見し、新しい読書のきっかけになるようなお話ができればと思っています。
[講師]正木香子(文筆家)
[日時]2019年5月19日(日曜日)午後2時から4時
[場所]町田市民文学館2階大会議室
[定員]80名(申込順)
[参加費]無料
[申込]
●電話の場合
4月18日(木)正午から町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)で受付。受付時間は初日以降午前7時から午後7時、1回線につき2人まで申込可能。
●Webの場合
4月18日(木)正午から町田市イベント申込システムでイベシス(イベントコード:190418B)へ。初日以降24時間申込

■字事鼎談 その①
大原大次郎×大日本タイポ組合字事鼎談「大大&大文ッ字タイポ話合」

星野源やSAKEROCKをはじめとする数々のミュージシャンのCDジャケットやMV、CM、TV番組のロゴデザインなど「文字」を題材にさまざまな仕事を手掛けながら、展覧会、ワークショップ、出版、パフォーマンスなどを通じて、ことばや文字の新たな知覚を探り続けるグラフィックデザイナーの大原大次郎(大大)さんと文字を解体し、組み合わせ、再構築することによって、新しい文字の可能性を探り続ける大日本タイポ組合が文字のデザイン(タイポグラフィ)の現在について話し合います。
[鼎談]大原大次郎(グラフィックデザイナー)、大日本タイポ組合(グラフィックデザイナー)
[日時]2019年5月26日(日曜日)午後2時から4時
[場所]町田市民文学館2階大会議室
[定員]80名(申込順)
[参加費]無料
[申込]
●電話の場合
4月18日(木)正午から5月22日(水曜日)まで、町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)で受付。受付時間は初日以降午前7時から午後7時、1回線につき2人まで申込可能。
●Webの場合
4月18日(木)正午から5月22日(水)まで、町田市イベント申込システムでイベシス(イベントコード:190418C)へ。初日以降24時間申込可能。

字事鼎談 その②
円城塔×大日本タイポ組合字事鼎談「文ッ字渦~文字の想像と創造~」

日本・中国大陸を舞台に漢字を巡る十二編の物語を収録した『文字渦』を著した作家の円城塔と「文字による文字のための文字のサイト」type.centerを2014年に立ち上げた大日本タイポ組合が、さまざまな角度から文字について語り合います。
[ゲスト]円城塔(作家)、大日本タイポ組合(グラフィックデザイナー)
[日時]2019年6月9日(日曜日)午後2時から4時
[場所]町田市民文学館2階大会議室
[定員]80名(申込順)
[参加費]無料
[申込]
●電話の場合
5月10日(金)正午から町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)で受付。受付時間は初日以降午前7時から午後7時、1回線につき2人まで申込可能。
●Webの場合
5月10日(金)正午から町田市イベント申込システムでイベシス(イベントコード:190510B)へ。初日以降24時間申込可能。
※システムメンテナンスのため、5月24日(金曜日)午後7時から5月27日(月曜日)午後7時にかけて、イベントダイヤルでの申込受付、イベシスでの申込受付・キャンセル受付を休止いたします。ご迷惑をおかけしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

■字ッ験工房「オリ字ナルブックカバーをつくろう!」その①
切り分けられた1枚のフェルトを使って、自分だけのオリ字ナルブックカバーをつくってみよう!
フェルトはアイロンで接着するので、針や糸の使用はありません。
[講師]大日本タイポ組合(グラフィックデザイナー)
[日時]5月12日(日曜日)午後2時から4時
[場所]町田市民文学館2階大会議室
[対象]親子、子ども(小学生以上)、大人
[定員]20名(申込順)
[参加費]500円(材料費)
[申込]4月16日(火)正午から町田市民文学館で電話受付。
 (042-739-3420)

■字ッ験工房「オリ字ナルブックカバーをつくろう!」その②
4マス×4マスで16個の活字を組み合わせて、オリ字ナルのポストカードをつくるワークショップです。2回連続のワークショップになりますので、お申込みは両日参加できる方に限らせていただきます。
[講師]大日本タイポ組合
[日時]2019年6月15日(土)、6月29日(土)※2回連続講座
[会場]町田市民文学館ことばらんど3階、第1、第2会議室
[参加費]2,000円
[対象]一般
[定員]12名(申込順)
[申込]
5月10日(金曜日)正午から町田市民文学館で電話受付。電話:042-739-3420
協力:有限会社新星舎印刷所
[内容]
●6月15日(土)
大日本タイポ組合のふたりと一緒に、活字を組むための指示書をつくります。たくさんの活字を使って、オリ字ナリティー溢れる指示書をつくりましょう。
●6月29日(土曜日)
15日につくった指示書に従い、活字を組んでポストカードに印刷します。参加者を4人ずつ3班に分けて、班ごとに印刷をおこないます。

■展示解説
ギャラリートーク(展ッ字解説)

担当学芸員が、作品の解説をしながら、展示室を巡ります。
書ヲスッテヨ、マッチヘデヨウ(寺山修司「書を捨てよ、町へ出よう」)
[解説]山端穂(大日本タイポ組合展、担当学芸員)
[日時]4月23日(火)、5月14日(火)、5月25日(土)、6月11日(火)、6月30日(日)、いずれも午後2時から40分程度
[場所]町田市民文学館2階展示室
[参加費]無料
[申込]申込不要。直接、文学館2階展示室にお集り下さい。

■文ッ字フリマ
[日時]4月27日(土)10:00~15:30
町田市民文学館で「文字」に関するフリマ「文ッ字フリマ」を開催します。
http://mojiflea.market/
名称 大日本タイポ組合展
「文ッ字-いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」
イベント日程 2019年4月20日(土)~6月30日(日)
10:00~17:00
【休館日】毎週月曜日(ただし、4/29、5/5は開館)第2木曜日
イベント会場名称 町田市民文学館ことばらんど
所在地 町田市原町田4-16-17
交通アクセス