街のインフォメーション

没後~濠端の散策者~
「ノエル・ヌエット」展2019年10月5日(土)~12月22日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル イベント
<GAS MUSEUM がす資料館>では、2019年10月5日(土)~12月22日(日)まで、2019年度第三回企画展『没後50年~濠端の散策者~「ノエル・ヌエット」展』を、ガス灯館2階「ギャラリー」にて開催いたします。

大正15年(1926)に初めて来日した、詩人でもあるノエル・ヌエット氏は、昭和37年(1962)にフランスへ帰国するまでの30年以上もの間、フランス語の教鞭をとるかたわら、戦前戦後の東京の街を歩いて多くのスケッチを残しました。作品は絵葉書や版画として人々の目を楽しませ、詩に詠われたその風景は、描かれたスケッチとともに書籍にまとめられました。
東京の風景のなかでも、皇居のお濠端の風景を好み、濠端を散策して数多くのスケッチを描き、版画にも取り上げられています。また戦後、濠端スケッチと皇居についての随筆や詩をまとめた書籍「宮城環景」からは、氏が好んだ濠端の風景を知ることができます。今回は、本年が没後50年に当たるノエル・ヌエット氏のスケッチを元に制作された版画と対比する現在の風景写真、なかでも皇居お濠端の風景を取り上げた作品を、画集や書籍、絵葉書などとあわせ、一外国人の見続けた、戦前戦後の東京の風景の移り変わりを紹介します。

ノエル・ヌエット
「東京風景 弁慶堀」昭和11年(1936)

ノエル・ヌエット 略歴

1885年(明治18)3月30日、フランスのブルターニュに生まれる。
1910年(明治43)に処女詩集「葉がくれの星」を出版。詩人としての活動の傍ら、滞仏中の日本人との交流を持つ。
1926年(大正15)に静岡高校講師として来日。1929年(昭和4)に一旦帰国するも、翌年に再び来日して東京外国語学校講師に就任。その後東大、早大、アテネ・フランセなどで教鞭をとる傍ら東京各所をまわり、その風景をスケッチや詩にうたい、詩集や画集を著す。
1962年(昭和37)に帰国後パリに居住。1965年(昭和40)に東京都名誉都民となる。
1969年(昭和44)9月30日にパリで死去。享年84歳
 
名称 没後~濠端の散策者~
「ノエル・ヌエット」展
イベント日程 10月5日(土)~12月22日(日)
10:00~17:00
【休館日】月曜日
10月14日・11月4日(月・祝・振休)開館
10月15日・11月5日(火)休館
イベント会場名称 <GAS MUSEUM がす資料館>
所在地 小平市大沼町4-31-25
交通アクセス