街のインフォメーション

版画にみる近代事業の風景
~渋沢栄一の足跡をたどる~2020年1月11日(土)~3月22日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル イベント
<GAS MUSEUM がす資料館>では、2020年1月11日(土)~3月22日(日)まで、2019年度第四回企画展『「版画にみる近代事業の風景」~渋沢栄一の足跡をたどる~』展を、ガス灯館2階「ギャラリー」にて開催いたします。

天保11年(1840)に現在の埼玉県深谷市血洗島に生まれた渋沢栄一は、子どものころより勉学と商才に優れ家業を手伝う一方、青年期には尊王攘夷思想に傾斜しますが、幕末動乱のなか一橋慶喜の家臣となりました。若くしてヨーロッパを訪れ、その文化を学ぶ機会を得ました。幕府崩壊後に帰国して一旦は明治政府に仕えますが、その後は民間企業の育成と社会事業、民間外交に力を尽くしました。設立にかかわった企業は500社を超えるといわれ、100年以上の歴史を刻み、現在も活動する企業が数多くあります。
今回は渋沢栄一が手掛けた近代事業の姿が描かれた版画を通じて、当時の人々にどのように映り伝わっていったのかを紹介します。
 

歌川国輝(二代) 上州富岡製糸場之図  
明治5年(1872)頃

歌川芳虎 
東京海運橋第一国立銀行之全図並ニ近円の市中一覧の図 
明治9年(1879)

名称 版画にみる近代事業の風景
~渋沢栄一の足跡をたどる~
イベント日程 2020年1月11日(土)~3月22日(日)
10:00~17:00
【月曜日休館】
1月13日・2月24日(月・祝)開館
1月14日・2月25日(火)休館
イベント会場名称 ガスミュージアム 
ガス灯館2階ギャラリー
所在地 小平市大沼町4-31-25