街のインフォメーション

八王子市夢美術館特別展
かこさとしの世界展
だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!2020年2月1日(土)~4月5日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会

八王子市夢美術館では特別展「かこさとしの世界展 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!」を開催します。

『だるまちゃんとかみなりちゃん』
1968年 福音館書店
©Satoshi KAKO
©Kako Research Institute Ltd. 2019

2018年、日本を代表する絵本作家かこさとし(加古里子)が92歳でこの世を去りました。かこは、32歳の時に最初の絵本『だむのおじさんたち』(1959年/福音館書店)を出版して以来、「だるまちゃん」シリーズ、「からすのパンやさん」シリーズといった物語絵本から『かわ』、『地球』、『海』といった科学絵本、絵画や歴史、健康にいたるまで、その多岐にわたる著作は生涯600冊を超え、現在でも子どもたちをはじめ多くの人々に親しまれています。

かこの創作の出発点には、子どもたちに自らの未来を切り開く力を持ってほしいとの願いが常にあります。かこは、青春時代に戦争を経験し、戦後、自らの生きる意味を失いますが、児童演劇へ関わる機会を得て子どもたちとふれあい、これからを生きる子どもたちの役に立てるのであれば、生きていく意味もあるのかもしれないと希望を見出します。そして、ボランティア福祉活動(セツルメント活動)として子ども会に参加、紙芝居や幻灯などの創作を始めたことが、後の絵本制作で活かされることになります。こうした「子どもたちのために」という姿勢は、かこの長きにわたる絵本制作の原動力となりました。

本展では、かこの代表作をはじめ、少年時代に描いたスケッチや絵日記、子ども会での紙芝居、これまで発表されることのなかった絵本の原画や下絵なども公開、八王子市ゆかりの医師・肥沼信次を描いた『ドイツ人に敬愛された医師・肥沼信次』(2003年/瑞雲舎)も交え、貴重な作品や資料が一堂に会します。展示では、その創作の軌跡をたどりながら、かこがどんな想いで子どもたちと向き合い、絵を描き、絵本を作ってきたのかをひもときます。発見とときめき、驚きと喜びに満ちたかこさとしの世界をお楽しみください。
 

からすのパンやさん一家 2011年頃
©Satoshi KAKO
©Kako Research Institute Ltd. 2019

観覧料

一般:600円(480)円
学生[小学生以上]・65才以上:300(240)円
未就学児無料
(  )内は15名以上の団体
未就学児無料
土曜日小中学生無料

会期中のイベント

■ギャラリートーク(計2回、申込不要)
ギャラリートークA
加古総合研究所の鈴木万里氏を迎え、会場内を巡りながら、展示作品や絵本ができるまでの制作秘話、かこの子どもたちへの想いなどをお話しいただきます。
[日時]2020年2月21日(金)14:00~15:00
[講師]鈴木万里(加古里子・長女、加古総合研究所代表)

ギャラリートークB
本展企画協力者の林 綾野氏を迎え、会場内を巡りながら、展示作品やかこ絵本の魅力、展覧会ができるまでの制作過程などをお話しいただきます。
[日時]2020年3月18日(水)14:00~15:00
[講師]林 綾野(本展企画協力者、アートキッチン代表)

加古里子(かこ さとし)プロフィール

1926年、現在の福井県越前市に生まれる。東京大学工学部応用化学科卒業。技術士(化学)。児童文化の研究者でもあり、出版を中心に幅広く活躍した。作品は「だるまちゃん」シリーズ、『からすのパンやさん』、『はははのはなし』、『うつくしい絵』、『とこちゃんはどこ』、『伝承遊び考』など600点余。2008年菊池寛賞受賞、2009年日本化学学会より、特別功労賞を受賞。2018年、逝去、享年92歳。
 
名称 特別展「かこさとしの世界展
だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!」
イベント日程 2月1日(土)~4月5日(日)
10:00~19:00
(ただし、祝日の場合は開館し翌日休館)
【休館日】月曜日(ただし祝日の場合は開館し翌日休館)
イベント会場名称 八王子市夢美術館
所在地 八王子市八日町8-1
ビュータワー八王子2階
交通アクセス