街のインフォメーション

館蔵企画展
モノクロームの詩―
版画に見る細密表現の世界2020年9月19日(土)~11月23日(月・祝)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
版画家の中には銅版画家を中心に、細密表現を好む作家がいます。本展では館蔵品の中から、一原有徳、長谷川潔、浜田知明、井上員男、中林忠良、山野辺義雄、坂爪厚生、日和﨑尊夫、小林敬生、丹阿弥丹波子、清原啓子などのモノクローム作品を紹介します。刻みだされた細密表現と漆黒の世界をお楽しみください。

坂爪厚生《情況‘88アフリカからの贈り物Ⅳ》
銅版/紙、1988年

観覧料

大人200円(160円)、小・中学生50円(40円)
*(  )内は20名以上の団体割引料金です。
*障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名(障害者手帳をご提示ください)、青梅市在住の65才以上の方(免許証、保険証など住所と生年月日のわかるものをお一人ずつご提示ください)は無料です。
*青梅市内の小・中学生は土・日・祝日無料です。
 
名称 館蔵企画展 
モノクロームの詩―
版画に見る細密表現の世界
イベント日程 2020年9月19日(土)~11月23日(月・祝)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日:毎週月曜日】
ただし、9/21、11/23は開館し、
9/23(水)休館とします。
イベント会場名称 青梅市立美術館
青梅市立小島善太郎美術館
所在地 青梅市滝ノ上町1346-1
交通アクセス