街のインフォメーション

西洋の木版画 500年の物語
Woodcut Prints in Europe and America2020年9月26日(土)~11月23日(月・祝)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
ヨーロッパで木版画が作られるようになったのは1400年ころのこと。やがてグーテンベルクが活版印刷を発明すると、木版画は本の挿絵に広く用いられ発展し、15世紀末にはデューラーの登場により最初の頂点をむかえます。しかしヨーロッパの版画の中心は銅版画に移り、木版画は日常的な印刷物に細々と残るだけとなります。

18世紀末、ごく細かな線まで表現できる木口木版(こぐちもくはん)の技法が発明され、多色刷りの技術が開発された19世紀にはカラフルな絵本が人気を集めました。近代以降は日本の浮世絵をはじめとする異文化の影響をうけ、木版画は芸術表現のひとつとして見直されることになります。

本展では、西洋の木版画の特色を15世紀から現代までの作品120点でご紹介します。初期の素朴な作品から、驚くほど精密な表現へとのぼりつめ、近代以降は浮世絵など異文化の影響を受けて新たな表現を切り開く、その流れをお楽しみください

オーギュスト・ルペール(1849-1918)
「チュイルリー公園の池」
1898年 木版(多色)

講演会

「西洋の木版画ーその歴史と展開」
[講師]佐川美智子氏(美術史家)
[日時]2020年10月10日(土)14:00~15:30
[場所]1階講堂
[人数]50名(先着順)※直接会場へお越しください。

観覧料

〇一般:800円(600円)
〇高校・大学生400円(300円)
〇中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、愛の手帳等をご提示の方と付き添いの方1名は半額。
 
名称 西洋の木版画 500年の物語
Woodcut Prints in Europe and America
イベント日程 2020年9月26日(土)~11月23日(月・祝)
[平日]10:00~17:00
[土・日・祝]10:00~17:30
入館は閉館30分前まで
※状況により会期を変更する場合があります。
ご来場前に当館ホームページSNSでご確認ください。
イベント会場名称 町田市立国際版画美術館 
所在地 町田市原町田4-28-1
交通アクセス