街のインフォメーション

特別展 明治水彩の隠れた巨匠
―五百城文哉作品展―2021年4月10日(土)~5月30日(日)
(後期展示は5月7日(金)から開始)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
水戸市出身の五百城文哉(いおき・ぶんさい 1863~1906年)は、明治時代に活躍した洋画家です。その作風は文字通りの「写生」であり、丹念に描かれた風景画や植物画は、水彩画特有のみずみずしさを保ちつつも、見る者を圧倒するような、カラー写真を凌駕する出来映えを誇っています。

本展は水戸市立博物館が所蔵する五百城の風景画と、同館に保管されている代表作である《高山植物写生図》(個人蔵)を、一堂に紹介する展覧会であり、本来は昨年4月に開催する予定でした。しかし、コロナウィルス感染拡大防止の観点から、やむなく中止に至り、今年は満を持しての開催となります。ちなみに、本格的な五百城文哉の作品展としては、都内で16年ぶりの開催となります(前回は2005年に東京ステーションギャラリーにて開催)。水彩画という新しいジャンルを切り開いた一人としても知られる、五百城の世界をお楽しみいただけましたら幸いです。

会期中に展示替えを行います。
(後期展示は5月7日(金)から開始)

五百城文哉≪高山植物写生図 オオサクラソウ≫
水彩/紙、明治34~38年
水戸市立博物館保管、前期展示

五百城文哉≪輪王寺四本龍寺三重塔(Ⅱ)≫
水彩/紙、明治時代
水戸市立博物館所蔵、前期展示

観覧料

大人700円(500円)、小・中学生300円(200円)
*(  )内は20名以上の団体割引料金です。
*青梅市内在住の65才以上の方は、免許証、保険証など住所と生年月日のわかるものの提示で、無料となります。なお、上記証明書類はお一人ずつご提示ください。
*障害者手帳をお持ちの方と付添いの方1名は無料です。障害者手帳をご提示ください。
*青梅市内の小・中学生は土・日・祝日無料です。
*前期展を有料でご覧になられた方は、その時の半券提示により、後期展を大人300円、小・中学生100円でご覧いただけます。ただし、半券は1人につき1枚、1回のみ有効とします。

関連イベント

奥多摩さんぽ~山野草見学&テラリウムづくり~

ネイチャーガイドの案内で、奥多摩にこの時期に自生する山野草を見学し、昼食後にテラリウム(ガラスの器に苔を入れたもの)づくりに挑戦します。

■日 時:
Aコース:4月22日(木曜日)午前10時(集合)~午後3時30分解散)
Bコース:5月15日(土曜日)午前10時(集合)~午後3時30分解散)
*少雨決行、荒天中止
■集合解散場所:奥多摩駅
■定員:各コースとも15人(先着順、定員になり次第終了)
■参加費:1人につき4,500円
(料金にはガイド料、テラリウム体験料、保険料、企画手配料を含みます)
■募集:
4月1日(水曜日)午前9時より、下記の一般財団法人 おくたま地域振興財団ホームページにて受付開始
■持ち物:水筒、昼食、帽子、タオル、敷物など
■主催、申込先:
一般財団法人 おくたま地域振興財団
〒198-0212
東京都西多摩郡奥多摩町氷川215-6
奥多摩町役場地下2階
電話:0428-83-8855(月~金曜日、午前9時~午後5時)
https://okutama-therapy.com/
東京都知事登録旅行業 第2-6417号
名称 特別展 明治水彩の隠れた巨匠 
―五百城文哉作品展―
イベント日程 4月10日(土)~5月30日(日)
★後期展示は5月7日(金)から開始
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日
(ただし、5/3は開館し、5/6(木)休館)
★後期展示は5月7日(金)から開始

 

イベント会場名称 青梅市立美術館
青梅市立小島善太郎美術館
所在地 青梅市滝ノ上町1346-1
交通アクセス