街のインフォメーション

(募集)第30回たちかわ演劇祭特別企画
1日でできる舞台体験!vol.2開催日:2022年6月5日(日)
応募締切:2022年5月10日(火)必着

  • エリア 錦町
  • ジャンル 募集
たちかわ演劇祭出演団体講師による、舞台体験ワークショップです(本番公演あり)。
朗読、歌唱、ダンス、殺陣・アクションの各パートで合わせて1つの作品を創り上げ、舞台で発表します。
舞台を創る楽しさを体験してみませんか?

■開催日:2022年6月5日(日曜日) 9:30~17:00
(本番公演)15:30~16:00 
※公演はどなたでも無料で観覧できます。
■会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)小ホール
■募集対象:
多摩地域在住、在勤、在学の小学生以上
(殺陣・アクションパートは中学生以上)
■募集人数:
①朗読、②歌唱、③ダンス、④殺陣・アクション 各パート10名程度(先着順)
■参加費:無料 (希望者は500円程度で録画DVDの購入可能。)
■応募締切:2022年5月10日(火)必着 ※持参の場合は17時まで
■応募方法:
応募用紙に必要事項記載の上、FAX、メール、電話または持参でお問合せ先まで。(電話・持参の場合は平日9:00~17:00)。
※必要事項:名前(フリガナ)、住所、電話番号、年齢、性別、メールアドレス、希望項目(朗読/歌唱/ダンス/殺陣・アクション)、多摩地域在勤・在学の方は勤務先・学校名・住所
★応募用紙はこちらから

※お申込み前に必ずご一読いただきますよう、お願い申し上げます。
財団主催事業における「新型コロナウイルス感染症対策」とご来場のお客様へのお願い(リンク)
≪お問合せ≫
たちかわ演劇祭実行委員会事務局
190-0022 立川市錦町3-3-20 たましんRISURUホール2階
TEL:042-526-1312 FAX:042-525-6581
Mail:engekisai@tachikawa-chiikibunka.or.jp
★たちかわ演劇祭HP(外部リンク):https://tachikawa-engekisai.web.app/
~たちかわ演劇祭とは~
立川市市民会館にて毎年8月の1か月間開催している演劇イベントです。
たちかわ演劇祭は、多摩地区の東京移管100周年記念事業「TAMAライフ21」のプレイベントとして平成4年に開催されたのが始まりです。多摩地区に「演劇文化」の芽を育てようと、立川市地域文化振興財団が企画し、多摩全域の劇団や演劇人に呼びかけて多摩地区初の演劇祭として発足しました。同記念事業終了後も、多摩地域で活躍している劇団と、公募により集まった市民スタッフで実行委員会を構成し、「市民による市民の為の演劇祭」を目指します。
立川市からはもちろん、多摩全域から参加団体を募集し、演劇を愛する方、また演劇にあまり馴染みがない方にも、生き生きとした真夏の立川の姿を演劇で演出すべく活動しております。また、実行委員会によるイベントを企画し、「脚本をつくる」「演劇のいろは」などの講演会や、ワークショップを経て実際に公演を行う演劇体験などを通して、演劇を観る楽しさだけでなく、創る楽しさを多くの市民の皆様に体験してもらう活動も続けています。
名称 (募集)第30回たちかわ演劇祭特別企画 
1日でできる舞台体験!vol.2
イベント日程 開催日:2022年6月5日(日)9:30~17:00
(本番公演)15:30~16:00
※公演はどなたでも無料で観覧できます。
応募締切:2022年5月10日(火)必着
イベント会場名称 たましんRISURUホール
(立川市市民会館)小ホール
交通アクセス