街のインフォメーション

邨田丹陵(むらた・たんりょう)
生誕150周年記念 特別展2022年4月26日(火)~5月8日(日)

  • エリア 錦町
  • ジャンル 募集
日本古来の大和(やまと)絵を継承し、昭和10(1935)年に完成した「大政奉還」を東京府北多摩郡砂川村(現在の東京都立川市砂川町)で描いた歴史画家・邨田丹陵の生誕150年を記念した回顧展。
令和4(2022)年は邨田丹陵の生誕150年の節目の年となります。今回の特別展では、日本の幕末から明治時代を代表する大和絵師の一人、川辺御楯(かわべ・みたて)の教えを基調とする繊細で端麗な描写を行う丹陵の歴史画や歌仙絵(かせんえ)などと、丹陵と同じ時期を過ごした義兄の寺崎廣業(てらさき・こうぎょう)などの作品も展示します。丹陵の代表作「大政奉還」(聖徳記念絵画館所蔵)のパネル展示や、丹陵が砂川村に転居したことを記録した転居葉書(福井県立美術館蔵)の画像展示なども行います。
明治~大正~昭和初期の時代にかけて、邨田丹陵が残した作品の数々を間近でご覧ください。

邨田丹陵《六歌仙》部分 個人蔵

【お問合わせ先】
主催:(公財)立川市地域文化振興財団 TEL.042-526-1312
【その他】 
後援:立川市
企画協力:(公財)たましん地域文化財団
協力:東京キララ社
画像提供:福井県立美術館
名称 邨田丹陵(むらた・たんりょう)
生誕150周年記念 特別展
イベント日程 4月26日(火)~5月8日(日) 
10:00~17:00(入場~16:30)
イベント会場名称 たましんRISURUホール 
地下サブホール 展示室
(立川市市民会館)
交通アクセス