街のインフォメーション

彫刻刀が刻む戦後日本
2つの民衆版画運動2022年4月23日(土)~7月3日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
工場で、田んぼで、教室で
みんな、かつては版画家だった


子どもの頃に版画を作ったことはありますか?
日本の多くの学校で版画を学ぶのは、版画を普及した戦後の文化運動と深い関わりがあります。

本展は戦後日本で展開した2つの民衆版画運動を紹介します。1つは社会運動を版画で伝え、アマチュアに版画を広めた「戦後版画運動」(1947~1950年代後半)。もう1つは戦後版画運動から派生し、全国の小中学校の教員が学校教育のなかへ版画を広めた「教育版画運動」(1951~1990年代後半)です。

これらの運動の原点には1947年に日本で紹介された中国木刻(木版画)の存在があります。現実を切り取った中国木刻のリアリズムは、戦争の傷や苦しい生活に悩む当時の人々に大きなインパクトを与えたのです。

2つの民衆版画運動のなかで作られた作品には平和への願い、社会へのまなざし、工場や農家の仕事、田舎から都会まで様々な土地での生活が実感をもって刻まれています。約400点の豊富な作品と資料を通して、これまであまり知られることのなかった版画史の一側面に光を当てることで、戦後の開発と発展のかたわらにある「もう1つの日本」が浮かびあがってくるでしょう。

鈴木賢二《署名》
1960年、木版、915×910mm、町田市立国際版画美術館蔵

展覧会の構成

1章 中国木刻のインパクト 1947-
2章 戦後版画運動 時代に即応する美術 1949-
3章 教育版画運動と「生活版画」 1951-
4章 ローカルへ グローバルへ 版画がつなぐネットワーク
5章 ライフワークと表現の追求 
6章 教育版画運動の開花 1950年代-90年代

小林喜巳子《私たちの先生を返して ―実践女子学園の斗い―》
1964年、木版、530×1000mm、個人蔵

★関連イベントなど詳細はこちらをご覧ください。

観覧料

〇一般:900円(700円)
〇大・高生生:450円(350円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金
身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方1名は半額
●無料日
展覧会初日:4/23(土)は入場無料
シルバーデー(65歳以上の方は無料):
毎月第4水曜日(4/27,5/25、6/22)
※状況により中止
※状況により会期や無料日などを変更する場合があります。
 ご来館前に当館ホームページSNS をご確認ください。
名称 彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動
イベント日程

4月23日(土)~7月3日(日)
●休館日:月曜日
●開館時間:
【平日】10:00~17:00
 (入場16:30まで)
【土日祝】10:00~17:30
 (入場17:00まで)

イベント会場名称 町田市立国際版画美術館
所在地 町田市原町田4-28-1
交通アクセス