街のインフォメーション

ガス事業誕生150年企画 
第1回 文明開化を伝える二本の軌条 
「鉄道と駅」展2022年4月29日(祝)~7月3日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
今から150年前の明治5年(1872)は、現在の私たちの暮らしに関わる、様々な文明開化を象徴する文物が、次々と登場した年でした。 そのひとつが鉄道で、同年9月12日(新暦:10月14日)に横浜~新橋駅で開業しました。9月29日(新暦:10月31日)に事業を開始したガス事業とともに、今年が150周年になります。
開化文物は、海外の窓口であった横浜の港より、ガス灯が迎える街路を経て、横浜駅からの鉄道に乗って東京へもたらされました。そしてその玄関口である新橋駅から、ガス灯が彩る西欧風の街、銀座煉瓦街へとやってきました。

本展示会では、「ガス事業誕生150年企画」シリーズ第1回として、横浜から東京の街へと開化文物を伝える役割を果たした、明治の「鉄道」と「駅」の姿を、錦絵や当時の史料、写真とともにご紹介します。開業当時の横浜駅や新橋駅の威風堂々たる景観や、煙をたなびかせた機関車が旅客や貨物満載で疾走する光景など、文明開化が2本の軌条を通して伝搬していった様子をお楽しみください。

また、鉄道開業にあわせて明治4年(1871)に作成された、日本最初の鉄道運輸規程の英文原本(当館所蔵)も特別展示します。

高輪牛町朧月景
小林清親 1879年(明治12)

横浜商館並ニ辨天橋図 
横浜ステーション蒸気入車之図並ニ海岸洋船燈明台を眺望す
歌川国鶴 年不明

特別展示

「JAPANESE GOVERNMENT RAILWAYS RULES AND REGULATIONS」
明治4年(1871)

鉄道開業時に車両などのハードともに導入された、鉄道運営の英文原書になります。
明治6年(1873)に制定された「鉄道寮汽車運輸規定」の元になった書籍です。
平成23年(2011)に、一般社団法人日本交通協会の協力を得て翻訳され、内容が確認されました。

新型コロナウイルス感染防止等へのご協力のお願い

※感染症対策として、館内の混雑状況により、人数制限を行う場合があります。
また感染拡大の状況により、会期等に変更が生じる場合があります。
詳しくは当館ホームページをご覧ください。
名称 ガス事業誕生150年企画 第1回 
文明開化を伝える二本の軌条 
「鉄道と駅」展
イベント日程 2022年4月29日(祝)~7月3日(日)
10:00~17:00
【休館日】月曜日
イベント会場名称 <GAS MUSEUM がす資料館> 
ガス灯館2階 ギャラリー
所在地 小平市大沼町4-31-25
交通アクセス