街のインフォメーション

特別展「ふる里の心を描き続けて55年
原田泰治の世界展」2022年9月17日(土)~11月6日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
原田泰治(1940~2022年)は日本の自然豊かなふるさとの風景や、古くから日本に息づく風物詩を描き、その素朴でありながら心に届く作風で、多くのファンを持つ画家です。本展は本年急逝した原田の画業55年を振り返るものであり、約80点の作品を第1部「絵本の心」、第2部「イラストレーションの道―切り抜き重ね絵の世界―」、第3部「ふる里の心の原点―信州を描く―」、第4部「日本から世界へ―憧れの旅―」、第5部「四季の風に誘われて―ふる里の心を描く旅―」の5つの章に分けてご紹介します。各作品に通底する穏やかさや、自然や人々の営みに対する作者の温かな眼差しは、現代社会にとっては大いに「癒し」となることと思われます。失われつつある、日本の原風景に出会える展覧会です。

《コスモス》(福井)
キャンバス/アクリル、1995年

絵本『とうちゃんのトンネル』より《泰助が歩いた》
ボード/アクリル、1980年

観覧料

大人800円(600円)、小・中学生400円(300円)
*(  )内は20名以上の団体割引料金です。
*障害者手帳をお持ちの方と付添いの方1名(障害者手帳をご提示ください)、青梅市内在住の65才以上の方(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など住所と生年月日のわかるものをお一人ずつご提示ください)は無料です。
*青梅市内の小・中学生は土・日・祝日は無料です。

会期中のイベント

■学芸員によるギャラリーガイド
●日時:10月1日(土)、23日(日)
 午後2時開始(午後1時30分から受付)
●定員:10人(先着)
●参加費:無料(ただし要観覧券)
名称 特別展「ふる里の心を描き続けて55年
原田泰治の世界」
イベント日程 9月17日(土)~11月6日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】毎週月曜日
(ただし9/19と10/10は開館、翌火曜日を休館)
イベント会場名称 青梅市立美術館
青梅市立小島善太郎美術館
所在地 青梅市滝ノ上町1346-1
交通アクセス