街のインフォメーション

小島 顕一展2022年10月2日(日)~10月16日(日)

  • エリア その他
  • ジャンル 展覧会
50年以上描き続けた絵の初期の作品から現在の作品を見渡してみると作品の内容や手法が大きく変化する時期が何度もあった。時代の状況や人との出会いは自分の制作のモチベーションに大きく関わっているのがよく分かる。それを振り返って見ればそれぞれに自分の内的な必然性がありその変遷を自分の美術の個人史として見渡せる年齢となった。とくに東日本大震災とそれに伴う原発事故は少なからず自分の絵の仕事に陰を落としているのを改めて感じている。

その事故の少し前、私たちが吉祥寺で進めていた文化活動の仲間である吉田廸子が死去している。彼女は闘病生活中たくさんの絵を遺した。昨年、没後10年の展覧会を予定していたが新型コロナの流行で1年延期となっていたので、今回のぎゃらりー由芽の企画展「小島顕一展」に合わせてぎゃらりー由芽のつづきで「アトリエグレープフルーツ」の設立メンバーである吉田廸子・小島顕一・井坂奈津子の三人展も同時開催することになった。この10年余の間に世界史的出来事が次々と起こり、直近のロシアのウクライナへの侵略戦争などについても自分たちが生きている21世紀について深刻に考えざるをえない。

この歳月のなかで死者の遺した作品も生きている者の作品も生成変化を遂げてきた。ここで改めてそれぞれが出会い直す機会になる展覧会となればと思っている。 
〈小島顕一〉

2会場にて開催
ぎゃらりー由芽:小島顕一展
ぎゃらりー由芽のつづき:吉田廸子・小島顕一・井坂奈津子 三人展

生成変化 和紙/墨 147×210cm

展示内容

墨と和紙、ドローイングを含め20点
名称 小島 顕一展
イベント日程 10月2日(日)~10月16日(日)
12:00~19:00
※最終日17:00終了
【木曜休廊】
イベント会場名称 ぎゃらりー由芽
ぎゃらりー由芽のつづき
所在地 三鷹市下連雀4-15-2
ホワイトマンション101