• Top
  • お店情報
  • 『本場・ドイツ製法ハム・ソーセージ ゼーホフ工房』
お店情報

『本場・ドイツ製法ハム・
 ソーセージ ゼーホフ工房』

  • エリア 幸町
  • ジャンル フード・テイクアウト
駐車場あり

立川市幸町、幸町団地南側。
立川四中のすぐ近くにゼーホフ工房はあります。
本場ドイツで学んだソーセージ作り。
その腕前は、お店に飾られた、沢山の賞状や金銀のメダルが物語っています。

店主の松澤さんとお嬢さん。

お店にはドイツの雰囲気が漂っています。それだけでも、ステキ!

松澤さんがもらった賞状。
卒業したドイツ バイエルン食肉学校の写真。
お店には
ドイツ ソーセージコンテスト受賞メダルがいっぱい。

なんといっても、このベーコン!
脂が甘いってわかります?

チョリソやヴァイスブルスト、ハーブ入りやチーズの入ったトスカーナなど、種類も豊富。すぐに売り切れちゃう。ほら、さっきつくった粗挽き生ソーセージも見えるでしょ?

う~ん、香りが漂っていますね~。ごまソーセージはごまの味がしっかりします。パプリカリオナ、これは赤と緑がとってもきれい。オードブルにぴったりです。
ビアブルスト。ガーリックのきいたソフトサラミ。日本人好みです。カイザーヤークト。カイザーと言うだけあって、皇帝のお味、かな? ハーブリオナーはバジルとオレガノがきいています。

真空パックになった商品です。ハバネロサラミは辛いけれど、しっかりお肉のおいしさが詰まっています。
黒豚サラミにコンビーフ、ツンゲンズルチェは豚のタンとマッシュルーム。
チキンアスピックは鶏肉の角切りが野菜と一緒にゼリーで固めてあります。

ソーセージ作りのレポート
 

作ってもらうのは生ソーセージ。
お肉とスパイスを腸に詰めただけのシンプルなソーセージ。
それなのに、なんておいしいんでしょう!
ぜひぜひ見せてくださいとお願いしました。
お肉を撹拌機へ。スパイスと、なんと氷を入れます。
「ソーセージを作るときは氷を入れるんですよ」と松澤さん。

 

お肉とスパイス、氷の入った撹拌器を回します。見る見るうちにお肉が細かくなっていく!
「このソーセージは粗挽きなので、これでおしまい」とスイッチを止めると、
今度はハンバーグみたいにコネコネ。粘りが出てきたら腸詰めの機械へ。

空気を抜くように高い所から落とします。
それからキュッ、キュッと押してさらに空気を抜いていきます。
最後の最後まできれいに。

羊の腸を水に戻して、
そこにお肉を詰めていきます。
羊の腸は細くて柔らかいので破れやすい。
むずかしい作業ですが、
松澤さんの手はスルスルと進めます。

ほら、できあがり!本物の腸みたい~!
松澤さんは休まず2本目を作り始めます。腸の端っこを器具につけて少しお肉をだします。
それからニューっと出していきます。ゆるやかに、でも一定の量を入れるのは達人ならではの妙技です。

次はソーセージがソーセージらしくなる瞬間。
一定の間隔で腸に撚りをかけます。
クルクル、クルクル。
同じ方向に回しているのに、すごいすごい!
あっという間に、腸詰め完成!

名称 本場・ドイツ製法ハム・ソーセージ  ゼーホフ工房
所在地 立川市幸町4-59-4
アクセス 多摩都市モノレール玉川上水駅より 徒歩13分
TEL 042-535-5009
営業時間 10:00∼20:00
定休日 水曜日
備考欄 駐車場 あり

※2009年11月現在