■この記事のカテゴリー イベント/立川駅
■この記事の掲載日 2017.01.15

イベント

今年も錦町の「どんど焼き」が行われました。

開催日 1月8日(日)
会場 立川市陸上競技場南東広場

本日、午前10時より、
立川自治会連合会錦町支部と
錦町青少年健全育成委員会主催により
立川公園陸上競技場南東広場で、
錦町地区全体の伝統行事「どんど焼き」
が行われました。

まず、諏訪神社の神主さんによる
お祓いの儀。



その後にいよいよ点火。



炎は勢いよく空へと昇っていきました。



婦人部の方たちは、訪れた人たちに温かい
甘酒、お汁粉、コーンスープを振る舞って
いました。







火が下火になるまでの間、
子どもたちは、楽しいゲームを
しながら待ちます。



ゲームで出た数により
景品が変わるようです。



火が下火になった頃、米粉で作った
丸団子を竹串に刺して焼きました。
これを食べると今年一年、健康で
過ごせるそうです。



最後に焼き芋も投入。



30分ほど灰の中に埋めたホクホクの焼き芋。
とても美味しかったです。



今年は延べ、300名余の人たちが参加。
実に盛大な伝統行事です。



錦町連合会の団結力の強さを感じました。
 

諏訪神社「どんどん焼き」

開催日 1月15日(日)
会場 諏訪神社(立川市柴崎町)

10時より「ドンドン焼き」がとりおこなわれました。
お払いが行われ、降神の儀、祝詞奏上、玉串奉天などの神事がおこなわれ、
火入れ式に。



ドンドン焼きで納められるもの
・御神札・御守・御神矢・おみくじ・神棚・しめ縄・松飾りなど



納められないもの
・人形類・結納品・のし袋・年賀状・仏具・写真・衣類・みかん類・不燃物・その他日用雑貨など






氏子の代表の方々が火を入れます。



火が燃え上がり、あたりは一気に暖かくなりました。



火入れ式が終わると、本殿に参拝。お供物(みかん)が参拝者に配られました。

 

立川のどんど焼