イベントレポート

真夏のたちかわ怪奇クラブ 真夏の学校を舞台にした、ヘンテコ怪奇、ユカイなお祭り。

  • ジャンル 音楽・アート
名称 真夏のたちかわ怪奇クラブ
日時 2017年7月28日 (金)19:00~21:00
7月29日 (土)15:00~19:00
会場 たちかわ創造舎 (旧 多摩川小学校)
立川市富士見町6-46-1
「たちかわ創造舎」
主催 すこやかクラブ  共催:たちかわ創造舎

真夏のたちかわ怪奇クラブ

「たちかわ創造舎」シェア・オフィス・メンバーである、『すこやかクラブ』のプレゼンツ企画。 夏・学校・オバケをテーマに、大人も子供も夢中になれる探検型演劇を展開します。 ゾンビの開会式に始まり、教室、職員室、校舎のあちらこちらで、様々な出し物に遭遇する楽しさ。 さらにダンス・歌・お芝居など、『すこやかクラブ』のパフォーマンスに触れられる絶好のチャンス。 小学校の旧校舎を自由に見回りながら、おもしろコワ~~イ体験を! (※当記事は前夜祭の様子です)

[料金] 7月28日(金)前夜祭
19:00~21:00
大人 1000円
立川市在住・在勤の方 500円
中学生以下 300円
  7月29日(土)
15:00~19:00
大人 1,500円
立川市在住・在勤の方 1,000円
中学生以下 300円
15:00 ゾンビの開会式(校庭)
メイン会場は校舎の2階。
18:45 オリジナル盆踊り(屋上)
19:20 屋上で、花火鑑賞。

イベントの企画・演出・パフォーマンスを手掛ける、
『すこやかクラブ』の皆さん。
滑稽な人間模様を、シュールかつドリーミーに描き出し、
ダンス・演劇・歌・なんでもこなす
“ごった煮カンパニー” として、
ひそかに注目を集めています。

『すこやかクラブ』を主宰する
うえもとしほさんに、
見どころを伺いました。

私たち『すこやかクラブ』は現在、
「たちかわ創造舎」を拠点に、活動しています。
この空間を活かした催しを近隣の方々に
知って頂き、また遊びに来て頂きたい。
今回、夏ならではの企画を考えてみました。

夏→学校といえば、やはりオバケ。
しかも学校には七不思議がいっぱいで、
オバケと絡めやすい。(笑)

一番の見どころは10分ずつ、時間差で上演する
4つのメインパフォーマンス。
ちょっとおかしな校長先生や用務員さんに
扮するパフォーマーの演技にご注目を !

広々とした校舎の2階がメインステージ。
『すこやかクラブ』のメンバー以外にも、
演劇集団 風煉ダンス他、
色々な方々に関わって頂くことで、
一段と盛り上がりをみせます。

メンバーそれぞれが、目いっぱいの力を
出し切って創りあげる、怪奇クラブ。
29日(土)の夜は、
屋上で盆踊りに花火と盛りだくさんです。
思い切り、楽しんで頂けますように !

【前夜祭の様子より】

大人同士、親子、70名以上の方が
前夜祭に集まりました。

参加者の皆さんも、楽しいオバケの仲間入り !

突然現れたゾンビに、
泣き出す小さなお子さんも。

イベントの主役となる、
4つのパフォーマンスが様々な場所で観られました。

[地獄甲子園]

夜の職員室に、笑い声が響きます。

[ゾンビ女子会]

台詞の息もぴったり !
コワかわ女子、3人組。

[竹林]

[揚げパン少女VS給食おばさん]

揚げパン大好き少女に、子供たち、共感!?
夢中で観ていました。

[弾丸小学校]

子供たちは、生徒役として参加です。
入学から卒業までの小学校生活を、
早送りで体験。
修学旅行のまくら投げもあり、みんな大喜び !

先生、顔が青白いです…

アートつながり。
立川で活躍するイラストレーター、
清水美和さんの姿も。

[盆踊り]
パフォーマーと一緒に参加者の皆さんも。
だんだんと、輪が広がっていきます。

幸町の「ロバハウス」を拠点に活躍する
シンガー、松本野々歩さんもお
友達と遊びにきていました。

写メ スポット、あります。
どれにしようかな…

ゾンビメークのワークショップ。
変身ぶりが楽しみ。

オバケは、いたる所にいます。

お手洗いもコワイんです。
「ウンコすごろく」という名のゲームも
用意されています。

こちらは、スピリチュアル保健室。
身長を測れば前世が、
体重計に乗ると来世がわかる?!

他にも、楽しい仕掛けがたくさん。
今年の夏の思い出に、ぜひ !