イベントレポート

水中パフォーマンス トゥリトネスショー

  • ジャンル スポーツ
名称 水中パフォーマンス トゥリトネスショー
日時 2017年8月11日 (金・祝) 10:00~
会場 立川市柴崎市民体育館

水中パフォーマンス トゥリトネスショー

プールを舞台に活動する移動型水中パフォーマンス集団『トゥリトネス』。1998年の旗揚げ以降、競泳やシンクロの技術をコミカルにアレンジ、「笑いあり、驚きあり、感動あり、でも涙はなし!」をテーマに、国内外の1000ヵ所で1700回以上のショーを行ってきました。ショーの他にも、映画・ドラマ「ウォーターボーイズ」の水中演技指導や、シンクロ日本代表への演出、水泳・シンクロ教室の開催など幅広く活動しています。

[チケット]

前売券 大人(高校生以上) 800円(税込)
  子供 400円(税込)
当日券 大人(高校生以上) 1,000円(税込)
  子供 500円(税込)

水の「道化師」から、
人生の「導化師」へ。

1998年、道化と水泳を融合させた
パフォーマンスを考案。
以来、水中の道化として、活動の場を
益々広げているおーちゃんこと、
『トゥリトネス』の代表 不破 央(ふわ ひさし)さん。

実はこの方、元100m平泳ぎの日本記録保持者。
自身の様々な経験をもとに、人生の光と影を
コミカルに切り取ったパフォーマンス。
老若男女問わず、熱い支持を得ています。

いつかサーカスにグッときて。
中でも、クラウン(道化)がいいなぁと。
本格的にクラウンを勉強し始めた時、
自分に向いてると確信しました。
ただ、それを演るだけなら世の中に
沢山いますので。
何かのスペシャリストでクラウンをと
考えた時に、「水泳があった!」。

水中で見せることの難しさは確かにあります。
水面の高さがあるので、上半身の動きしか
見せられない。照明もありません。

表情を大きく見せるためにメイクをしたり、
間のとり方を意識したり。
手足、手先の小さな動きから大きな動き…。
さらに静と動など、結構考えます。

道化師の役割に沿って。

僕自身、つぶれてしまった
一人なんですけど。
水泳選手や、頑張り続けてきた子たちは
勝敗にとらわれて、苦しくなってしまう。

ふっと、力を抜いて。
“バカバカしいな”
“こんな世界もあるんだな”って、
自分を少し離れてみるだけでも
気づけることがあると思います。

色々な人が色々なところで汗をかいて、
頑張っていたり。
笑う人がいれば、笑われる人もいて。
でも一緒にいると、なぜか幸せだったり。
そんな風に人間や、人との関係が
出来ていくんだってことを、
こうしたエンターテイメントの場を通して、
表現できたらと思います。

「あんなバカなことして。」
「でも、ああいう生き方もあるよね。」
「あんな風になっちゃいけないよ。」
こういうのが僕は、カッコいいなって (笑)。

今回、13年ぶりに立川でのパフォーマンスが実現。
市内外から150名を超える方々が駆けつけました。

静まり返った水中から、
勢いよくプールサイドに飛び出すメンバーたち。
「わぁ! 」という歓声とともに、
大きな拍手が沸き起こります。

ショー開始前に、観客に配られた水鉄砲。
大人たちの手にもしっかり。

演じ手との一体感が得られる、
楽しいパフォーマンス。

すべて、鍛え抜かれた身体だけで表現。
まさに『トゥリトネス』のテーマ。
「笑いあり、驚きあり、感動あり、でも涙はなし!」

誰もがワクワクするジャンプ技。
歓声もいちだんと大きく。

おかしいことを真剣に。
代表 おーちゃんの魅力が炸裂。

横に進んでいく平泳ぎや後ろへ
どんどん進むクロール。
高い技術の連発に、観客は大盛り上がり。

もともと水泳が得意な方ばかりでは
ありません。
「学生時代は野球選手だった」
というメンバーもいます。

ショーを観るのは初めてという方がいれば、
これまで何度も観てきたという熱烈なファンも。

「どの深さのプールでも、
変わらないクオリティがすばらしい。」

「息を止めたり、動きを合わせたり。
こんなに大変なことをサラリとやってのける。
その努力を思って感動させられる」…etc

この会場では、2/3以上が大人の方でした。

メンバーと観客が
一緒に楽しむコーナーもあります。

子供たちの水鉄砲に撃たれて…

あっという間の45分。

拍手がなかなか止みません。

ショーの後は、オリジナルグッズの販売。
『トゥリトネス』の皆さんは、
Tシャツへのサインやファンとの記念撮影で大忙し。

この度のイベントついて、
立川市柴崎市民体育館 責任者で
栄養士・健康運動指導者でもいらっしゃる
佐藤真弘さんにお話を伺いました。

『トゥリトネス』の皆さんに来て頂くのは、
今回が初めてです。
多くの方に泳ぎやプールを好きに
なってもらえたらいいなというところから、
このシンクロショーの企画を始めました。

子供に限らず、泳ぎが苦手という方が
いらっしゃいます。
まずは見るところから始めてみようと。
そして興味を持って、プールに入ってみようかな、
泳いでみようかなと徐々にステップを
踏んでいって頂けたらと思います。

当体育館には、プール・体育施設・
スタジオ・ジムなどが揃っています。
子供、親、親子、さらには3世代、
孫からおじいちゃん、おばあちゃんまで
全世代が楽しめるような空間になればいいなと。

私自身、小さい頃から立川に住んでおり、
お世話になった市ですので、
少しでも恩返しになるようなことが
出来たらいいなと願っています。

また、2児の父親でして。
子供が喜ぶことには
どんなことがあるかなって日頃より考えます。
子供を対象としたものや、
どなたでも楽しめるようなイベントの内容も意識して。

「最初の一歩」って、とても大事だと思っています。
その一歩を、どう踏み出してもらえるか。
良いきっかけとなる演出を模索しながら、
日々業務にあたっているところです。

ぜひまた立川で、会えますように!