イベントレポート

武蔵村山市「いっしょに逃げてもいいのかな?展」

今日は、武蔵村山市へ出かけてきました。
 都下少年野球の試合などでもお馴染みの
   真如MURAYAMAグランドで開催された、
 「体験する防災フェス in むさしむらやま」。



 毎年、様々なイベントが行われる
   武蔵村山市ですが、
   こうした体験型の防災フェスは
   初めて、とのこと。
 10:00~14:00/入場無料。

 会場となったのは、グランド横の広い駐車場。
 はしご車・地震・消火器・煙・簡易担架・
 通報など、様々な体験が用意されていました。
 
 また、小さなお子さんのための遊具
  “ふわふわエアー”もあり、
 会場にやってきた子供たちは大喜び !



 非常食(アルファ米の炊き込みご飯と、
 スマートクッキー) も体験。
 “今どきの非常食っておいしいんだぁ”
 召し上がって、そう感じる方は多いはず。
 箱入りのスマートクッキーの保存期間は5年、
 300kcalとハイカロリーな上、
 栄養バランスのとれた防災食品です。
 さらに、熱々でおいしい豚汁も
 ふるまわれました。



 こちらは「多摩初 !」です。
 今回の「防災フェス」の中で、
 「いぬと、ねこと、わたしの防災」を考える、
 『いっしょに逃げてもいいのかな?展』が併催。

 もしも、災害が起こったら…
 災害発生からの3日間をシュミレーション
 することで、今後の備えの参考に出来ます。
 [セーフティーゾーン] 自宅で一緒に被災
 [イエローゾーン] 外出時に一緒に被災
 [レッドゾーン] 外出時に別々に被災
 ペットの居場所がわからないところで
 離ればなれになることが、
 一番危険だとわかります。



 ※画像クリックで拡大に。

 巡回展では、避難所にペットを連れて行ったら…
 避難所生活におけるシュミレーションも
 ありました。

 災害は、いつ、どんな状況で起こるのか
   わからない。
 だからこそ、災害時にどんなことが起こるのか
 日頃からシュミレーションしておくことが大切。
 そのことを改めて教えられる巡回展でした。

 会場で頂いた、
 ペットと暮らす方に役立つ冊子、
 「防災基本BOOK 保存版」。



 災害への事前の心得が満載です。
 ◇自宅の防災対策強化
 ◇飼い主グループとの共助
 ◇ペット社会化
 ◇迷子対策
 ◇健康管理
 ◇避難訓練 など。

 武蔵村山市すべての自治会連合会の方々が
 協力し合い、また、市役所の皆さんの
 サポートのもと行われた、この度のイベント。
 とても充実していました。
 そして初めて拝見した、
 「いっしょに逃げてもいいのかな?展」。
 ぜひ、立川市やその他の地域でも、
 こうした巡回展を開催して頂きたいと
   思います。 

 by  T.I
名称 いっしょに逃げてもいいのかな?展
イベント日程 10:00~14:00
イベント会場名称 真如MURAYAMAグランド
備考欄 入場無料