お店情報

『街カフェ COCOONコクーン』 店主に伺ったお話

  • エリア 富士見町
  • ジャンル ランチ カフェ・喫茶店
ランチ ディナー 全席禁煙

繭のようにふんわりと。
人をつつみ込む街カフェ、誕生。

昨年の晩秋、富士見町にオープンした
『街カフェ コクーン』。
店名の「繭」(英:COCOON)を
イメージさせる、
真っ白なまあるい建物が目を引きます。
運営は、お隣「井上レディース
クリニック」院長の井上裕子さん。
「産科に通う方専用のカフェ?」
「男性も入れるの?」と中に入るのを
ためらう方も多いようですが、
どなたでも気軽に利用できる、
まさに街のカフェです。

『コクーン』(2F)がある安庵ビルのテーマはブルー。「この絵を飾ることを決めていた」と井上院長がいう絵は、入口を通れないほどの大きさ。

イタリアンと自然食、
2つをかけ合わせた
オリジナルメニューが好評。

イタリアンと自然食を得意とするシェフが、
2つをかけ合わせた「おいしくて体にいい」
オリジナルメニューで迎えます。

「空腹を満たすための食事もあれば、
誰かと一緒に食べたいとか、
体に良いものをとか、ご褒美にとか
色々ありますね」。
井上院長は、こう続けます。
「食って人を良くするって書くでしょ。
会食は、会って人を良くすること。
どんなにステキなディナーでも、
一人より誰かと食べた方が楽しいわよね?」
少子高齢化が進むにつれ、
一人で食事をする人も増えていきます。
「“いらっしゃいませ”じゃなく、
おはよう、こんにちは、また来てね…
自然に会話が始まる、
そんな場所にしたいなって」。

右から、シェフ 松澤舞乃さん、井上裕子院長、平澤洸一(ひろかず)さん。

ロカボ(低糖食)・薬膳・
しっかり食べる系。
3つのコンセプトで食を展開。

「今は低糖食の時代。
日々の食事はロカボにして、
体調が良くない時は、おじややおかゆなど
お腹にやさしいものがいいですね。
そして、しっかり食べる時のメニューも。
あと、お子様連れね。ハンバーグとか
小さな子供も大人並みに食べるので
お得感なセットなどを」。

日替わりロカボランチ 自家製ハムの棒棒鶏プレート(スープ・ドリンク付)低糖質約20gのメニュー、サラダたっぷり手作りブランパンのタコスバーガーもあります。

こうした井上院長の意向に沿って、
メニューを提案するのが、
シェフの松澤舞乃さん。
2児の母という視点を生かした
工夫が光ります。

「子供がいても食べやすい設えや
メニューを考えています。
身体に良いものだけれど、
やはり美味しいものをお出ししたい」。

『コクーン』では、月替わりと日替わり、
2種類のロカボメニューを用意。
ある月は、自家製鶏ハムの棒棒鶏プレート。
低温調理によって、鶏肉を柔らかく
ジューシーに仕上げています。
糖質の高いご飯の替わりに添えるのは
ふすま粉を使って焼く手作りのブランパン。

オムハヤシ ※ご飯を雑穀米に替えられます。

「野菜を家で摂る方が少ないので、
しっかり召し上がって頂きたい。
毎日でも来られるような料理を
出せたらと」。

サラダは彩りや食感の違うものを
混ぜ合わせ、野菜を楽しんで
味わえるよう工夫。
ドレッシングも控えめです。

また、人気の定番オムハヤシ。
ブラウンソースのルーを丁寧に
一から手作りする自慢の一品。
ご飯は白米、もしくは雑穀米を選べます。 

ある日のランチから。フィッシュタルタルフライプレート スープ、ドリンク付。※ご飯を雑穀米に替えられます。

食べる方のことを考えて、
丁寧に下処理を。

「一つひとつ手をかけた、
あったかい料理をお出ししたい」
という松澤シェフ。
タルタルソースにも、あるこだわりが。

「おネギや玉ねぎを食べた時、
口の中に残るアクが気になりますよね。
玉ねぎを細かく刻んで、
水にさらす下処理をしっかり行います。
キュウリのみじん切りも入っていますが、
時間が経つと水分が出てしまうので、
提供するタイミングなども見計らって」。

ガトーショコラ

作り手のワクワクが伝わる
手作りデザート。

チーズケーキやガトーショコラをはじめ、
バナナタルト、チョコレートムース、
ティラミス、パンナコッタ、ココットプリン、
ジェラートアイスなど、
デザートメニューも豊富。

チーズケーキ

「デザートを作っている時が、
一番ワクワクするんです。
食事+ちょこっと食べたくなるものの
組み合わせは何がいいかなって。
お客様のお声を反映できれば、
もっとうれしい!」。

甘いものが大好きなシェフの新メニューに、
今後も期待が高まります。

時にはイベントを開催する、
多目的空間に。

食はもちろん、お一人で、お子様と、
車イスでなど多様なスタイルに
応える『コクーン』。
広くて解放感のある空間で
動画や絵を眺めたり、スクリーンを下ろせば
シアター気分を味わえます。

また、毎年「井上レディースクリニック」で
行われるイベント「なないろフェスタ」の
会場としても開放される予定。
一人ひとりが求める過ごし方が適う、
ありそうでちょっとないカフェが
ここにあります。

 
所在地 立川市富士見町1-26-10
コミュニティビル 安庵2階
TEL 042-595-6515
営業時間 10:00~22:00
定休日 木曜
駐車場 店舗に隣接する
コインパーキングがあります。