お店情報

『横町屋』 店主に伺ったお話

  • エリア 高松町
  • ジャンル その他専門店
駐車場あり
創業は昭和15年、当時の本通りから
「よこちょう」に入ったところにあった
お店だったので、「よこちょうのみせ」
と呼ばれていたものを屋号に。
(現在の立川通りは、その当時は本通り
ではなく、旧東京ガスショールームと
IEの間の通りが、砂川に抜ける本通り
だったそうです。)





農家だった先々代が農産物を
店頭で販売したのが商売の始まり。
戦後、精米機、製粉機、精麦機を
購入し、近隣農家の作物の精米、
製粉、精麦をする商売を始め、
コメの販売が民営化した
昭和26年に米屋として登録。



ビニールパックに入ったお米も
販売していますが、お店に入って
まず目を引くのが20種類以上並んだ
玄米の袋。
昔、米どころと言えば「東北」
「新潟」というのが定番でしたが、
最近では各地で競い合って、
「おらがまい」が作られています。
佐賀の「さがびより」兵庫の「かぐや姫」
など、西日本のお米もあります。

「それぞれに特徴がありますので、
お好みを仰っていただければ、
お薦めのお米をご紹介します。」
と栗原さん。
いろいろ相談してみて下さい。



「玄米をそのままお求めになる
お客さんもいらっしゃいますが、
1kgから精米して販売しています」。
最近では玄米を買って自宅で
精米される方もいらっしゃるとか。
「精米したお米は2カ月もすると
風味が損なわれます。量をあまり
召し上がらないと言われるお客さま
には、1kgからご案内しています」。



「よこちょうのみせ」として
親しまれる「横町屋」。
地域で行われるイベントにも
積極的に参加されています。

「まちづくりゼミ」では、
「米の精米過程」や「お赤飯の蒸し方」。
「つまみ食いウォーク」では「一口おにぎり」。
南砂小学校、立川第5小学校の生徒さんの
「商店街お店体験」など、
地域とのつながりを大切にしているお店です。
名称 横町屋
所在地 立川市高松町2-11-23
アクセス JR中央線 立川駅北口徒歩15分
多摩モノレール 立川北駅徒歩15分
TEL 042-522-2609
営業時間 9:00∼19:00
定休日 月曜日
備考欄 facebook
横町屋

※2015年3月現在