お店情報

『江戸前・富山の魚と酒 緑寿司』 店主に伺ったお話

  • エリア 幸町
  • ジャンル 和食
ランチ ディナー 駐車場あり
JR立川駅北口から「立川通り」を
西武線 東大和市駅方向へ北上、
「五日市街道」と交差する「砂川九番」
交差点を左折した、西武バス 幸町団地行き
「砂川九番」バス停前にある
「江戸前・富山の魚と酒 緑寿司」。

親方の水上邦夫さんからお店を受け継いだ、
二代目水上雅嗣さん。暖簾をくぐると、
まるで旧友と再会したかのような
柔和な笑顔で迎え入れてくれます。
「緑寿司」は、回転寿司チェーンや
宅配専門店が増えつつある立川市で、
常に通をうならせるネタの深い味わいと、
気さくな人柄でお客様とのコミュニケーションを
大切にするお店です。

8割をしめる常連さんの注文がすべて
「おまかせ!」に表れているように、
銀座や築地の寿司屋にも見劣りのしない
ネタの品質と豊かな味わいには、
まさにうなり声しかありません。

「うちの何が食べたいのか、何を食べて
いただこうか」と常に真剣勝負の「にぎり」。
「これでもか」とこぼれ落ちらんばかりに盛られた、
築地市場でも5本の指に入るという
逸品ウニ、サケの生すじこから一粒ひとつぶ
丁寧にほぐしとったイクラの、プリップリッと
はじけてしまうようなおいしさ。

中でも親方の故郷でもある富山県 滑川漁港から
仕入れる特産品、活きホタルイカやホタルイカの
卵など絶品ぞろい。
東京では滅多に出会えないものが
堪能できるのも、「緑寿司」ならではです。



上質なネタはもちろん、話題豊富な板さんとの
会話が楽しめるのも寿司屋のもう一つの魅力。
若い頃は「カウンターのお客様から
困るような注文がよく入るんですが、
お帰りの際に小遣いをそっと
おいていってくださいました」。



お客さんの無言の励ましに支えられ、
一人前の板前に育つ。
そんな人と人とのこころのふれあいと
互いの信頼感が息づくのも
「寿司屋の醍醐味」なのだと親方は語ります。

「ひと皿いくら……」というお寿司とは
まったくの別物だけに、暖簾をくぐる前から
尻込みしがちですが、その日その時の気分で
食べたいものを、食べたいだけ楽しむ。
昔ながらの寿司屋の醍醐味が「緑寿司」には
しっかりとあります。


 
名称 『江戸前・富山の魚と酒 緑寿司』
所在地 立川市幸町 3-28-24
アクセス JR立川駅 北口より西武バス 幸町団地行き 砂川九番バス停すぐ前
多摩都市モノレール線 砂川七番駅徒歩15分
TEL 042-536-4800
営業時間 11:30∼13:30
16:00∼22:00
定休日 水曜日
備考欄 お店のホームページ

※2011年1月現在