お店情報

『ノーウェジアン ウッド
 Norwegian Wood』 店主に伺ったお話

  • エリア 錦町
  • ジャンル 洋食・イタリアン その他専門店
ディナー Wi-Fi 貸し切り可

子供の頃から、本を読むのが好き。
さらに映画や音楽も大好きという
店主の大崎佳久さん。
2014年10月、錦町に読書を楽しめるバー、
『Norwegian Wood』をオープンしました。




◆灯りを調節出来る読書席も用意。電子書籍を読む方のために、カウンター下にはコンセントを。Wi-Fiの利用も可能。

店名の由来をうかがうと、
村上春樹の「ノルウェーの森」ではなく、
ビートルズの楽曲
「ノーウェジアン ウッド」とのこと 。
もし自分が店をするならこの名前と、
中学生の頃から決めていたそうです。




行きつけのBarへの憧れは
あっても、
敷居が高かったり、
入りづらかったり…。
そこで、大崎さんが行きたくなる
バーのイメージを友人たちに伝え、
内装やロゴ、お店にまつわるすべてを
一緒に作っていきました。




いいことも悪いことも
目の前にいるお客様の反応が、
直に伝わる接客の仕事。
「接客は天職」と言い切る大崎さんですが、
決して人に愛想をふりまく
タイプではありません。




表面的なあしらいよりも、
お客様の要望にできる限り応えたい。
そんな接客の真髄ともいえる
おもてなしへの一念が、
大崎さんを突き動かしているようです。

「こうしたバーでの食事は、
あまり期待されていない。
だからこそ充実させたい」
飲食の経験がなかった大崎さんは、
専門学校へ通い、料理を勉強。
カレーはルーから作り、
ピザの生地も注文を受けて、こね始めます。




◆ピザ ミックス コーン・オニオン・サラミ・ピーマンなど。生地もソースも一から手づくり。プレーンもおすすめ。その他、様々なおつまみやお腹にたまるメニューもいろいろ。



5種類のお酒でじっくり煮込んだ牛肉100%使用の自家製ミートソース野菜がとけて、まろやかなおいしさ。パスタは他に、ペペロンチーノ、ジェノベーゼなど。



◆手作りのチーズケーキ トロッととろける、やわらかさにこだわって。甘すぎないのも魅力。



◆チョコレートパフェ ◆コーヒーをはじめ、ソフトドリンクも充実。豆を挽き、サイフォンで淹れる一杯を目当てに訪れる人も。

また調理する姿を
お客様が見られるよう、
あえてオープンキッチンにしました。
リクエストの度に増えていく
様々なお酒のボトル。
ビールは、世界各国40種類以上が
揃っています。




◆純文学が好きという大崎さん。本棚に、芥川龍之介、夏目漱石、太宰治など。

「この場所を自由に使って
楽しんでもらいたい。」
本・映画・音楽好き同士が
交流できるイベントも企画中。




“SIT ANYWHERE”
(どこでも好きなところに座って)
『Norwegian Wood』の曲中にある歌詞は、
シャイな店主のメッセージ。
一人ひとりに心地いい場所を、
今夜もしつらえて……

名称 ノーウェジアン ウッド Norwegian Wood
所在地 立川市錦町1-8-5 
イーグル立川 1F
アクセス JR立川駅南口徒歩12分
TEL 042-595-7612
営業時間 18:00~朝5:00(火~土)
18:00~朝2:00(日曜日)
定休日 月曜日
貸し切り あり

※2016年3月現在