お店情報

『コーヒーショップ ラルゴ』 店主に伺ったお話

  • エリア 柴崎町
  • ジャンル ランチ カフェ・喫茶店
ランチ 貸し切り可
サイフォンで淹れる「コーヒーショップ」が
街にたくさんあった時代。
1975年創業の立川駅北口「クリムト」と
「エミリーフローゲ」で店長をしていた遠藤克一さん。


''

◆5種類のモーニングメニューより、定番クロック・ムッシュー。イギリスパンを使った、ロースハムとチーズのトースト・サンド。ミニサラダ、ドリンク付。

「手作りのコーヒー屋がどんどん減っていっちゃった。
それなら自分でやろうと。」
南口、柴崎町に『ラルゴ』をオープンしたのは
2004年4月。         
機械で淹れるセルフ式のコーヒーチェーン店が、
増え始めた頃でした。


''

イタリア語で“ゆっくりと”という意味の『ラルゴ』。ヘンデルやバッハなど、バロック音楽が流れる店内。音楽とコーヒーの香りに誘われ訪れる音大生も。

遠藤さんがお店を始めた一番のきっかけは、
多くの人が求める“一人で過ごす時間や空間”を
作りたかったから。

「濃いめに」あるいは「軽めに」など
気軽に好みを伝えられるのも、
注文を受けてから淹れるスタイルだからこそ。

''


黒豆のチーズケーキ 
丹波産の黒豆を使って焼き上げた、『ラルゴ』オリジナル。生クリームを添えて。他にも、ケーキは常時8種類ほど。夏はマンゴーパフェもあります。


また、ケーキやクッキーなど
お菓子はすべて手作り。
「エミリーフローゲ」の店長時代に
藤生さん(現在「パティスリー・
ドゥ・シェフ・フジウ」の店主)から
学んだことがベースにあるそうです。

「結構詳しく教えて頂きました。
自分では作らなかったけど、
よく見てましたからね。」


''

そして『ラルゴ』のもう一つの顔は音楽。
月に1~2度、閉店後に開かれるライブでは、
遠藤さんもギター片手に歌います。
「お客さんから、70才まで続けてって(苦笑)。
そのためにも元気でいなきゃ。」

5年、10年経っても変わらない店でいたい。
「まだやってたの?!って言われるのも、
逆にうれしいですね」と、遠藤さんは笑います。


''

◆店内の壁に飾られたギターやウクレレ。落ち着いた雰囲気の中、思いおもいの時間を過ごせます。

定例ライブ 
「チロリン村 歌声の広場」

毎月第1・3の日曜日19:00~
変更になることがあるため、
お気軽にお問い合わせを !
名称 コーヒーショップ ラルゴ
所在地 立川市柴崎町3-7-22 (2F)
アクセス JR立川駅南口より徒歩2分
TEL 042-525-6704
営業時間 9:00~18:00(L.O 17:30)
定休日 毎週 水曜日 
(祝祭日の場合は翌日)
毎月 第1・3木曜日
備考欄 coffee shop LARGO

※2016年7月現在