スポーツ

アルバルク東京vsレバンガ北海道今シーズンも残すところあと2試合

いよいよBリーグも終盤。
アルバルク東京も残すところホームの2試合を残すのみとなりました。
今日明日の対戦はレバンガ北海道。今期は4勝1敗と相性のいい相手。
ここで調子をつけて、プレイオフに臨みたいところです。



試合は第1クオーター21-21と接戦でスタート。
北海道は長身の2人の外国人選手がポイントを稼ぎます。
今日のアルバルクは菊池祥平選手が開始早々3ポイント決めるなど好調。

A東京53-39北海道で前半終了終了、アルバルクが引き離しに成功しました。

後半に入ってからは一時は20点差をつけますが、徐々に追い上げらなかなか目が離せない展開に。
結局、A東京96-84北海道で勝利。明日もこの調子で勝ってほしいですね。

今日のヒーローは菊池選手。









そして、ザック・バランスキー選手。
追い上げられた場面で、3ポイントを決めました。






もう一人、馬場雄大選手。
やはり彼の高さは魅力ですね。






ミルコ・ビエリツァ選手が18点の最高得点。



チャンピオンシップはアウェイで新潟との試合が決まっています。
明日もアリーナ立川立飛で15時から北海道とのレギュラーシーズン最終戦です。

by JK