• Top
  • スポーツ
  • 「第95回 東京箱根往復大学駅伝競走・予選会」
スポーツ

第95回東京箱根往復大学駅伝競走・予選会11の出場枠を賭けて!

  • ジャンル 箱根駅伝
箱根駅伝本戦への出場を賭け、
予選会が今朝、立川で行われました。
記念大会となる今回、
出場した大学の数、39校。
選手のみなさんは
上位11校の出場枠を狙って、
真剣勝負に挑みました。
今大会より、コースが一部
変更になった予選会。
陸上自衛隊駐屯地内のコースが
2周から3周へと長くなり、
市外地のコースが一部削減されました。
トップのレダマ・キサイサ選手
(桜美林大)を追いかける選手のみなさん。
また、距離にも変化が。
昨年までの20kmから、
ハーフマラソン(21.0975km)の距離に。
駐屯地では、まだひとかたまりに
なって走るチームも、市外地に出ると
選手それぞれのペースに。
配分は違えど、1人1秒の重みを抱いて
走る気持ちは同じ。
駐屯地からゴールの昭和記念公園への
混雑を想定し、早めに移動する
応援者の姿が目立ちました。
ビブスをつけたカメラマンが並ぶ場所に、
今年から一般の応援者は入れません。
 
立川駅北口。
大人から子供まで、
沢山の応援が待っていました。
ビブスをつけたカメラマンが並ぶ場所に、
今年から一般の応援者は入れません。
立川駅北口。
大人から子供まで、
沢山の応援が待っていました。
 
2番目の走者を振り切るように
独走するキサイサ選手。
スタートから14km。
砂川口、給水コーナー付近にて。
距離は残り1/3。
沿道に並んで揺れる旗と
声援をエネルギーにかえて。
もうひと頑張り!
ゴールの昭和記念公園へ急ぎます。
キサイサ選手が戻ってきました。
1時間0分44秒でゴール。
2年連続の個人1位です。

出場した選手のうち、1人が途中棄権。
計456人の選手が、
無事フィニッシュしました。
記念大会となる第95回大会は、
本戦を例年より2枠多い、
23チームで実施。
例年10位までですが、
今年は11位まで出場できます。

[予選会結果]
  1位 駒沢大学          10:29:58
  2位 順天堂大学     10:36:58
  3位 神奈川大学       10:39:16
  4位 國學院大学     10:40:38
  5位 明治大学        10:41:06
6位 東京国際大学      10:41:15
  7位 大東文化大学    10:42:16
  8位 中央大学        10:42:55
  9位 国士館大学     10:45:39
10位  山梨学院大学   10:46:27
11位  上武大学         10:46:51
 ______________
12位 麗澤大学          10:48:41
13位 亜細亜大学       10:48:54
14位 専修大学          10:49:23
15位 創価大学        10:50:39
[既に出場権を獲得している大学]
青山学院大学
東洋大学
早稲田大学
日本体育大学
東海大学
法政大学
城西大学
拓殖大学
帝京大学
中央学院大学(以上第94回大会シード権獲得校)
日本大学(関東インカレ成績枠)

シード権はじめ、既に出場が
決定している11校と
今回の予選会上位11位、
さらに敗退校の記録上位選手で
編成される「関東学生連合チーム」、
合わせて23チームが本戦へ。

その日まで、81日!
がんばれ、箱根駅伝。

by  T.I