■この記事のカテゴリー イベント
■この記事の掲載日 2017.03.11

イベント

ニュースポーツEXPO in 多摩 2017 
日時 2017年3月11日(土) 9:30~16:00
会場 国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン(ゆめひろば)
ニュースポーツEXPO in 多摩 2017
様々な年齢層がレクリエーションとして気軽に楽しめる「ニュースポーツ」。 1980年代に考案され、現在普及が進んでいます。「ニュースポーツEXPO in 多摩2017」では、33種目のニュースポーツが体験できる他、アスリートやお笑い芸人、キャラクターによるショーなど、ステージプログラムも充実。さらに多摩地域を中心としたグルメ、各種スポーツ関連団体の出展も多彩なイベントとして注目されています。
     


難しいルールや、
高度な運動能力は問われません。
大人も子供も気軽に、
一緒に楽しめる
33種目のニュースポーツが
会場に勢ぞろい。





一度はチャレンジしたい、
スポーツクライミング。





男の子2人を相手に
コーチが奮闘。
護身術を学べそうな
「スポーツチャンバラ」。



特設ステージが
賑わい始めました。
子供たちのヒーロー、登場です。





ウルトラマンオーブショーは
午前と午後の2回行われ、
ステージ後は握手会も。



正義の味方 オーブが
ピンチの場面では、
「オーブがんばれ~!」の
声援が飛び出します。



ランチタイム。
魅力のキッチンカーがずらり。



芝生の上で色々なグルメを
楽しむ方がたくさん。





ひなたぼっこ日和。
ピクニックシートの他、
持ち運びにも便利な
“オソトクッション”の
無料貸し出しがうれしい。
寝心地サイコーで、
午後はすべて貸出の状態。



午後になって、
参加者がさらに増えました。
子供に混じって引っ張る
お父さん(最後尾)の表情は、
真剣そのもの。



せーの !

立川市への、オリンピックフラッグ・
パラリンピックフラッグ到着を歓迎し、
「東京2020オリンピック・
パラリンピックフラッグツアー歓迎
セレモニー」が行われました。
(主催:東京都、東京2020
組織委員会、JOC、JPC)



TOKYO 2020
オリンピックとパラリンピック
までのカウントダウンボードも
初お目見え。

カウントダウンボードは
フラッグなどと共に、
立川市役所で展示が
予定されています。
※3/12(日)~17(金)



立川市市長 清水庄平氏を
はじめ大会のご関係者、
またかつてのオリンピック選手、
現役パラリンピック選手や
オリンピックを目指す選手とともに
日頃からスポーツに携わる
学生代表の皆さんが記念撮影。



セレモニーの後は、
世界空手道選手権の女子形で
2連覇を果たした清水希容選手を
はじめ、パラリンピックの
パラトライアスロン日本代表
として出場した木村潤平選手、
同じくパラリンピック
自転車競技で3大会連続の
メダリストとなった藤田征樹選手
をゲストに迎えてのトークショーなど。



解放感のある広場をフルに活かした、
こんな催しも。
マシントレーニングを体験出来る
“フィットネスカー”。

女性限定ホットヨガは
30分刻みで予約受付。
青空ヨガも行われました。





ニュースポーツを体験して、
10コのスタンプを集めると、
景品がもらえます。

あと、ひとつ !
体験された方は……



73才のご婦人でした。
「小さな子供さんと一緒に、
年齢関係なく楽しめてうれしい 」。

「ニュースポーツは、
普段動かさない筋肉を
自然に使えるのがいいですね」。

「急に(筋肉を)使って
痛めないように、日頃から
ストレッチですよ。
現在、どこか痛めている方に
とっては、いいリハビリに
なります」とアドバイスも。



フードあり、ステージありの
『ニュースポーツEXPO』。
いっぱいいい汗かいて、
いっぱい笑う一日となりました。



― お知らせ ― 
花みどり文化センターでは
『第71回JOGA 洋らん展』が
3/13(月)まで開催中です。
入場料無料。
10:00~16:30
※最終日は16:00まで。 

ニュースポーツEXPO in 多摩 2017