■この記事のカテゴリー イベント/立川駅
■この記事の掲載日 2017.12.03

イベント

第1回 大人のスポーツ鬼ごっこ全国大会

開催日 2017年12月3日(日)12:45~17:00
会場 立川市緑町北公園
主催 立川スポーツ鬼ごっこ部・新宿スポーツ鬼ごっこ部
協力 東京都スポーツ鬼ごっこ連盟
後援 一般社団法人鬼ごっこ協会・立川市

 子供を対象とした「スポーツ鬼ごっこ」の
 公式大会は、地域大会をはじめ都道府県選抜大会、
 全国大会など多彩に行われています。
 大人も、“一年に一度くらいは目標を持って
 臨みたい” そんな大人たちの思いをかなえる
 全国大会が、立川で実現しました。

 初めての方は鬼ごっこの楽しさを
 体感する場として。キャリアのある方々に
 とってはトップリーグへの腕試しをする場と
 なったようです。

 何より、大人と子供が楽しく、
 一体感を持てる「スポーツ鬼ごっこ」。
 地域の活性や次世代育成のきっかけとなる
 大会を、今後も目指していくとのことでした。



 全国大会を率いるのは、
 『立川スポーツ鬼ごっこ部』
 部長の宮嶋恵子さん(右端)と、
 副部長の岡村尚美さん(右から2番目)。
 お二人は、スポーツ鬼ごっこ
 女子日本代表選手として活躍する方々です。

 今回は、茨城県から2チーム、
 神奈川県から1チーム、
 東京都から2チームが出場。



 審判員のご紹介。
 大会によっては、ライセンスが必要な
 場合もあります。



 「スポーツ鬼ごっこ」の競技に欠かせない、
 トレジャー(Treasure=宝)と
 ホーム(Home=宝の台)を模した
 優勝トロフィーはどのチームに…。


 
 グリーンのTシャツ姿で、
 大人のつくばチームを応援する子供たち。
 「スポーツ鬼ごっこ」選手の皆さんです。
 先日、全国大会に出場した際には、
 ご家族のエールに力をもらいました。
 今度は、お返しする番。
 
 

 女性もパワフル。
 恐れず、男性に体当たり。



 前半5分、ハーフタイム2分、後半5分、
 7対7で勝負 !








 
 神奈川県から参加した“pref Kanagawa”。
 同世代の選手が集まるチームです。 



 大会長の宮嶋さんは、
 立川・新宿の両チームに出場。
 審判もされていました。





 真剣勝負、でもケガもなく
 試合が繰り返されます。





お子さんと二人で来られたお父さん。
試合中はチームのメンバーが、
お子さんを見ていてくれるので安心です。







 大人と子供がこれほど、
 ハイタッチで盛り上がるスポーツ、
 他にあるだろうか、とふと。





 黄色のゼッケンは立川チーム。
 立川市役所職員の方々を中心に
 構成されているそうです。



 転んでもへっちゃら。
 カイロが恋しい気温でも
 汗びっしょり。



 みんな、明日のことより、
 今、この瞬間に夢中。
 性別も年齢差も関係なく、
 勝つ ! という共通の目標に向かって
 走り続けます。

 言葉がわからない海外の方が参加しても、
 すぐ友達になれる理由はここに。



 お父さん、お母さんを応援しながら、
 負けそうになる相手チームも応援。
 気配りバツグン、つくばチームの子供たち。



 最後に “応援したで賞” を受賞するほど、
 彼の声援は群を抜いていました。





 主催者のおひとり、岡村尚美選手は
 審判でも大活躍。



 表彰式・結果発表
 1位 つくばアオッキーズ(茨城県)
 2位 つくばトミーズ(茨城県)
 3位 新宿スポーツ鬼ごっこ部(東京都)
 4位 pref Kanagawa(神奈川県)
 5位 立川スポーツ鬼ごっこ部(東京都)





 試合後も、お楽しみが !
・笑顔と笑い声が素敵です賞
・ぶつかっちゃダメで賞
・もっと運動しま賞……
 MVPをはじめ、14の楽しい名前の賞が
 出場した選手に贈られました。
 賞は、出場者と観戦者の投票によって決定します。



 すべての表彰が終わると17:00、
 あたりは真っ暗。
 県外から来られた、
 3チームの方々は疲れた様子もなく
 清々しい表情で家路へ。


 ★画像クリックで拡大になります

 今回は、エントリー順での出場チームが
 締め切られましたが、
 また立川でこうした全国大会が
 開催されることを楽しみにしています。

 2017年、オニ公園(錦町)で開催された、
 「オニ公園で節分スポーツ鬼ごっこ会」へ。

第1回 大人のスポーツ鬼ごっこ全国大会