イベントレポート

鬼うまフェス 2018年々、盛り上がりを見せる、商店街主催の野外フェス !

  • ジャンル 音楽・アート
名称 鬼うまフェス 2018
日時 2月25日(日) 11:00~16:00
※小雨決行  荒天の場合は中止
会場 錦第二公園( 通称 ・ オニ公園 )
主催 錦商店街振興組合
鬼うまフェス 2018
2018年のキャッチフレーズは、「鬼のひそむ商店街が、ふたたび騒がしくなりそうだ」。『鬼うまフェス』は、商店街の食べ歩き企画『鬼うまバル』と連動し、地域内の回遊と集客の動機づけを目指すイベントです。今回、 地元13のお店・団体が出展。お店とは違う場所で、“会いたい人とコミュニケーション”、そんなフレンドリーな雰囲気にあふれています。おいしいフードとドリンク、さらにマジック・音楽・お笑いライブなどのステージパフォーマンスが会場を盛り上げます。
     


11時にスタートした『鬼うまフェス』。
会場「オニ公園」に着くと、
もう、あちらこちらこから
おいしそうな匂い !

今回、出展が決まっていたお店は、
これぞ!という自慢のメニューを
作ってスタンバイ。
ランチタイム前には、
用意された屋外のテーブルが
この通り、賑わい始めました。
 


寒くなることも想定し、
あったかいスープを作られていた
【Norwegian Wood
 ノーウェジアンウッド】




お店でも評判のミネストローネと
ホットウイスキーでおもてなしです。



【日本酒居酒屋 ごじんか】
お酒に合うメニューはこちら、
ソーセージに鶏のから揚げなど。
 



【Kony’s Bar】
チョコ・カシス・イチゴ・バナナ…
あったかいカクテルメニューをそろえて。



【沖縄そば食堂 海辺のそば屋】
ゴーヤチャンプルにミートを添えた
タコスチップスなど。



【中国料理 五十番】
なんと、オニの焼き印入り。
このフェスのために用意された、
ほかほかのオニ肉まん。



「五十番」のオーナーで
実行委員長を務める高橋昌裕さん。
設営その他、朝まで寝ないで
準備をされていたというのに、
とても元気。

「商店街にある店の人同士、
つながり合えるのが一番うれしい」。
明るくて楽しい高橋さんの周りに、
自然に人が集まってくるようです。



あらっ?
赤オニ姿でも、すぐにわかりました !
立川市役所の小山さんは、
「たべきりキャンペーン」の取材に
応えて下さった方です。

今回のフェスでは、
「たべきり」のご案内以上に、
食リポや記念撮影などに
お忙しそうでした。
「鬼うまいもの」も、
たくさん召し上がったようです。



さかな芸人 ハットリさん(左)は
司会に、お笑いライブにと大活躍。
「え~ “さかなくん”じゃないのぉ?」
と子供さんから言われた時には
思わず、苦笑…。



「小さなお子さんは、
コワ~いと泣き出すか、
喜ばれるのどちらかですね」
と赤オニさん。
いいえ、大人気でしたよ^^



前回に続き、ライブ出演された、
大分県出身のRISA★ROCKさん。
メッセージ性のある詩と歌声が
観客の心をわし掴み。
立川で、人気急上昇中のシンガーです。



マジシャンのアレスさん、
最近、立川でもよく
活動をされています。
ステージ前を陣取っていた
小さな子供たちに、
「危ないからマネしないでね」
とことわって、
次々にびっくりマジックを展開。



ゲーム界の憧れの方(右)と
バッタリ会場で会われ、
興奮気味のアレスさん。
その方は、立川にお住まいだそうです。

おいしい話はまだまだ尽きません。
魅力の食べ物が、ぞくぞく。



【まぜそば専門 かぐら】
自慢の手作り鶏肉を、
ピリ辛ソースで仕上げて、ハイ !



【CAFE&BAR GOOD&BAD TIMES】
も、もしや鹿肉(ジビエ)…



忙しい時はお互い様。
自分のお店でなくても、
どこからか飛んできて助け合う。
これこそ、年々来場者が増えている
注目の商店街イベント『鬼うまフェス』。



ジビエ~
お味はとてもいいようです。



【chichica(チチカ)】
前回のフェスも、仲良く4人揃って
おいしいカレーを提供。
来年も揃ってお会いしたいです。



柴崎町の【Sta cafe すたカフェ】
も出店。
立川産じゃがいもで作った
立川串コロッケ。



【まちづくり立川】
アルプスプラザ(柴崎町)の
イベントを担当される看板娘のお二人。
おやきをはじめとする長野県の
名産物を販売されていました。

そうこうするうちに、
またステージ前がざわざわ。
常に、ステージが動くのも
野外フェスの醍醐味です。
 


立川初 3人制のプロバスケットボール
チーム「TACHIKAWA DICE
(立川ダイス)」。
広報を務めていらっしゃる
劉生(りゅうせい)さんが、
今後の活動などについてプロモーション。
詳しくは、『月刊えくてびあん』
3月号をどうぞ。



立川ダイスの
チアリーディング
『フェアリーダイス』の皆さん。
大人数でのダンスは、
ステージからメンバーが
あふれるくらいパワフルでした。



午後のオニ公園は、もう人でいっぱい。



【珍屋 めずらしや】
まさに、めずらしや!
中古レコード、DVDなどを安価で販売。





ワークショップもありました。
オーガニックの手作りアロマに、
男性が挑戦する姿も。



2コ100円の、ポップなポップコーン。
なになに?スタッフのお姉さんに
じゃんけんで勝ったら、
うまい棒1本のおまけつき?!
これはうれしい !



ただし、ジャンケン対決が出来るのは、
小学生以下のお子さん限定でした。
 


ご家族で来場する方もとても
多かった今回の『鬼うまフェス』。
大人だけじゃない、お子さんも楽しめる
アイデアや遊びも色々ありました。
来年は、どんな催しが待っているのでしょう。
 
鬼バルウィークは、2018年3月4日(日)まで。
まさに、今年のキャッチフレーズ、
「鬼のひそむ商店街が、
ふたたび騒がしくなりそうだ」^^