イベントレポート

立川市「山下洋輔 Solo Live at 阿豆佐味天神社」

  • エリア 砂川町
  • ジャンル 音楽・アート
砂川町、阿豆佐味天神社・神楽殿で
立川在住のジャズピアニスト
山下洋輔さんの「Solo Live」が
開催されました。
 山下さんは平成27年、
「たちかわ交流大使」に就任。
立川市の様々な文化を伝える
活動において、
その一翼を担われています。
今回、観客は多数の応募により
当選された、約300名のみなさん。
やはり地元の方が多かったよう。
すぐ近くの「たましん」が解放された
自転車置き場が、あっという間に
埋まっていきました。
開演時刻の16:00、
清水市長の呼びかけに、
神楽殿に登場された山下さん。
息の合ったトークの後、
早速、演奏がスタート。
2015年に公開された映画
「ゆずり葉の頃」に向けて、
山下さん作られた名曲から。
美しいメロディが印象的で、
ライブの後、繰り返し聴いています。

時々、MCもはさみながら、
「やわらぎ」、猫がテーマの
「トリプルキャッツ」、
「Only Look at You」と
山下さんのオリジナルが続きます。

山下さんの愛猫が行方不明になって、
同神社にお参りしたところ
翌日帰ってきた、という
猫返しのエピソードはあまりにも有名。
(その不思議も1回だけではないそうです)
「トリプルキャッツ」のモデルは、
山下さん家の猫ちゃんでしょうか。
人間を思慮深く観察していると
思ったら、自由気ままに走り回る
やんちゃな姿。
猫への愛情が伝わる1曲でした。

モーリスラヴェルの「ボレロ」では
情熱的で力強いピアノに釘付け。
そしてアンコールは、
心に沁みる「早春賦/中田章」。
計6曲、1時間ほどの贅沢な時間。

昨日は少し風がありましたが、
山下さんのピアノに
木々の揺れる音が重なり、
それも味わいに。
 
立見席にもかかわらず
観客のみなさんは
熱心にピアノに耳を傾けられ、
「やっぱりいい」
「心に響いた」
「力を頂きました」など、
感動の言葉を残してゆかれました。

いつも境内には、山下さんが奉納された
「越天楽」が流れていますが、
こうした生音でのライブは初めてのこと。
「神楽殿の響きがとてもいい。
モニターを外してとたのんだほど」
と山下さん。

宮司の宮崎さんも、今回のライブを
「夢が敵った!」ととても喜んで
いらっしゃるようです。

極上のピアノと、芸術の秋。
今回、お聴きになれなかった方のためにも、
ぜひ、またこうした機会に恵まれますように…

たましんRISURUホール大ホールで
開催されたコンサート記事へ

by T.I