• Top
  • スポーツ
  • 2019年夏巡業「大相撲立川立飛場所」土俵づくり
スポーツ

2019年夏巡業「大相撲立川立飛場所」土俵づくりアリーナ立川立飛8月6日開催

いよいよ明日開催される「大相撲立川立飛場所」。
会場のアリーナ立川立飛では設営作業が進められていました。
土俵がどのように作られるのか興味津々で見学に。
すでに土俵の土台は組みあがっていました。
一輪車で土が運び込まれてきます。



ボランティアの方も参加して、何度も運び込まれました。



ほぼ満杯の状態で、午前の作業は終了です。
午後から土俵づくり。



先ずは土を固める作業。ボランティアの方も作業に加わります。



固め終えたら、中心を決めて、円を描いて掘り込みを入れます。



掘り込みに俵を埋め込みます。子供たちが俵を土俵に運びます。



再び土俵を固める作業。そして淵のブルーシートが切り取られました。



土俵下も整えらえて、最後に仕切り線が引かれました。



全国で行われる大相撲の巡業、計算されつくした土俵づくりに驚きました。



土俵祭(祭事)が執り行われました。



先ほど出来上がった土俵が浄めらます。



明日は本番、開場は8時からです。

by JK