街情報

立川を歩く・金比羅山の桜

  • エリア 砂川町
  • ジャンル 立川の自然
水道 テーブルセット サクラ
西武拝島線「武蔵砂川駅」南側の見影橋方面へ。見影橋から玉川上水沿いを東へ行くと、民家とみんかの間に「金比羅神社」入口の鳥居があります。そこが、金比羅山の入り口です。

※金比羅山については、こちらをご覧ください
民家とみんかの間にある鳥居を入ったすぐのところ。山とは言えなぬ高さの金比羅山のふもとに、テーブルやベンチ、水道設備のある休憩所があります。その場所に、ウメの樹やモモの樹、そして何本かのサクラの樹が植えられています。
3月も折り返しの中旬ごろになると、河津桜は満開の頃を迎えて華やかに、寒緋桜も少し濃いピンク色の花を咲かせて賑やかになっています。
そして、休憩所の真ん中辺りには、威風堂々たるソメイヨシノが、その開花を、今かいまかと待ち望まれるばかりです。
このソメイヨシノには、毎年、開花を始めた日が記録された看板が添えられています。
例年通りで予想すると、だいたい3月の20日頃から咲きはじめるようです。
さて…今年はいつ頃になるのでしょうか…。
by ノックアウト♪
名称 金比羅山
所在地 立川市砂川町3-4、3-24
アクセス 西武拝島線「武蔵砂川駅」南側の見影橋方面へ。見影橋から玉川上水沿いを東へ行くと、民家とみんかの間に金比羅神社入口の鳥居があるところ