お店情報

島想食堂(シマオモウショクドウ)

  • エリア 錦町
  • ジャンル ランチ 和食 スイーツ フード・テイクアウト
ランチ ディナー
店主の故郷 小笠原諸島を中心に、
地元立川や立川の姉妹都市大町の、
厳選素材を使ったお料理とお酒を提供するお店、
錦町『島想(シマオモウ)食堂』へ。
2022年10月4日(火)がオープン日。
ランチスタートの初日に、1番乗りです。

オーナーの奈美さん、「まだ慣れなくて…」
と控えめにつぶやきますが、
そこはこれまでのキャリアもあり
スムーズに提供されていました。
手作りのお惣菜をその場で頂ける
イートインコーナー。
小笠原の特産品やアクセサリーなどの
手作り雑貨も購入できます。
今回のお目当てはランチ♪

[ごはん]+[おみそ汁]+[お漬物]+[お惣菜]の
セットが3タイプ。
ご飯の量も、150g・200g・250gから。
セットする品数が決まったら、
その日のお惣菜から好きなものを選びます。
もちろんテイクアウトもOK。
他にもお惣菜がありました。

2品セット 1,100円
3品セット 1,250円
4品セット 1,400円

★2022年10/31(月)までのオープニングサービス
テイクアウトお惣菜orランチの10%オフチケット
「島想食堂」のフライヤーとfacebookページにあります。
ご精算時にどうぞご提示を。
手作りスイーツは2種類。
どのお惣菜も美味しそうなので、
3品セットにしました。
お米は、長野県大町市のゆめしなの。
※ご飯少量の100gでお願いしました。

他のお客様も驚かれていましたが、
小鉢の量じゃありません。
1つひとつ、メイン級のボリューム。
多摩産ハーブのポルケッタ
豚のバラ肉に、ニンニクとハーブを詰めて巻き、
じっくり焼き上げたもの。
これが、絶品!
作り方を教えて頂きたいほど。

※ポルケッタのみ、
 ランチセットで選ぶ場合+50円に。
えびとかぼちゃのエスニック炒め。
たっぷりの野菜とナンプラー、
唐辛子でソテー。
ご飯はもちろん、お酒のおつまみにも
良さそうな一品。おいしい。
シャキじゃがとツナの「おがすこ」和え。
お茶碗1杯ほどの量がうれしい。

シャキ感が残る茹でたジャガイモを
島のホッとレモンソース(おがすこ)と
マヨネーズで和えたもの。
店主おすすめの「おがすこ」。
これ、絶対買いに行こ!
おみそ汁もおいしい。
お味噌は、立川市錦町「北島麹店」の
室糀味噌“錦白”。

重みで沈んでしまっていますが、
豆腐・玉ねぎなど具が沢山入っています。
お箸休めのお漬物までおいしい。
ロゴ入りのコースターもすてき♡
新鮮な小笠原の農産物を、店頭で販売中です。
ランチは水~土曜日。(11:00~14:00)
日曜日には、小笠原の郷土料理を詰め込んだ
スペシャルメニュー「島想定食」を楽しめます。
(日曜日 10:00~18:00)
その他の詳しい情報

★11/21 (月)まで
  ↓↓↓
クラウドファンディングにチャレンジ中!

※記事の内容は掲載時のものです。

by T.I
 
名称 島想食堂(しまおもうしょくどう)
所在地 立川市錦町1-8-2 乙幡ビル1F
TEL 042-527-2050
営業時間 [火曜日] 17:00~22:00
[水・土曜日] 11:00~22:00 (14:00~17:00をのぞく)
[日曜日] 10:00~18:00