スポーツ

アリーナ立川立飛 Bリーグ24節②アルバルク東京対滋賀レイクスターズ

今日もアリーナ立川立飛でアルバルク東京対滋賀レイクスターズ戦がありました。
アリーナに到着したのが遅くなったからかプレス席には人が一杯。
それもテレビ局のカメラがたくさん入っていました。外国人の報道陣も…
スペシャルオリンピックス(SO)アブダビ世界大会に出場する日本代表のバスケットボールチームの取材のようです。
ハーフタイムショーはその壮行会、団長の有森裕子さんが挨拶をされました。
実はこのハーフタイムショー、横からしか撮れず残念ながらご紹介できる写真がありません。
スペシャルオリンピックスの公式HPはコチラをご覧ください。
また。スペシャルオリンピックスアブダビ大会の概要はコチラをご覧ください。(PDFが表示されます)

今日は観客席も3093名と満員の大観衆となりました。



アルバルク東京は6連勝中です。



第1クオーターは14-14のイーブン。
昨日は滋賀の2人の外国人選手にかなりやられましたが、今日はディフェンスが機能しているようです。
前半を終わって33-25でアルバルク東京がリード。

第3クオーターに50-38と引き離し、第4クオーターもリードを保ったまま残り3分。
ここから滋賀レイクスターズが一気に追い上げ3点差まで詰め寄ります。
残り数秒のところで安藤誓哉選手のフリースローが連続で決まり。
最後は70-65でからくも逃げ切りました。

それでは試合の様子を写真でご覧ください。

昨日退場した小島選手に替わって出場した斎藤拓実選手。



アレックスカーク選手のダンク。
この日はフリースローもたくさん決まりました。



馬場雄大選手、空中に浮いている時間が長い。



菊池祥平選手の狙いすました3ポイント。



要所で3ポイントを決めたミルコビエリツァ選手、この日は3本の3ポイントを決めました。



今日は楽に勝てる?と思ったのに、あれよあれよと3ポイント差まで迫られました。



そして、今日の極めつけは正確無比な安藤誓哉選手のフリースロー。



今日の動画も安藤選手のフリースロー4本です。

 

これでアルバルク東京は7連勝。
しかし、同地区の千葉も栃木もなかなか負けません。
2月は試合がしばらくお休みになります。
次のホームゲームは3月2日(土)3日(日)富山グラウジーズ戦です。

by JK