• Top
  • スポーツ
  • 第39回 都下少年野球選手権大会 決勝戦・表彰式
スポーツ

都下少年野球第39回 都下少年野球選手権大会 決勝戦・表彰式

  • ジャンル 少年野球

◆9月22日(日)

多摩信グランドにて
第39回 都下少年野球選手権大会 決勝戦・表彰   9:20  


 上砂ファイターズ(立川)
      ×

 国立ヤングスワローズ(国立)


今年、39回目を迎える
都下少年野球大会 G1杯の決勝戦が、
今朝、多摩信グランドで行われました。



都大会や雨の影響で
試合がなかなか進まず、
今日に至ったとのこと。
気づくと新人戦の決勝戦も
目の前に迫ってきています。





さて、立川 VS 国立の試合。
筋金入りの「上砂ファイターズ」と、
決勝戦の常連チーム
「国立ヤングスワローズ」との戦いは
とても見応えがありました。





1回から、上砂の攻撃は止まる
ところを知らず、なんとその回だけで
20分以上に及んだほど。



思いもよらぬ展開。
しかし、そこは百戦錬磨の
国立ヤングスワローズ。
チームの監督、コーチ、応援の方々の
叱咤激励に力をもらうと
3回表では果敢に攻め
巻き返しを図ります。





これまで、すべての試合を
見守ってこられた連盟の方々から、
「さすが決勝戦!」のお声も。

球数も増える中、最後まで全力で投げ切った
ピッチャーをはじめ、どのポジションの選手も
素晴らしいプレイの連続でした。





打ってベンチに帰ってくる
選手の表情は本当にうれしそう!
監督、コーチも笑顔で迎えます。







両チームとも、ホームラン続出。
外野手の選手が必死でボールに食らいつき、
チームに貢献する姿に、何度も胸が躍りました。







飛び上がってハイタッチ!
上砂ファイターズのみなさん。





ボールを洗って、拭いて…を
試合の間じゅう、ずっと繰り返し。
頭が下がります。









優勝が決定、おきまりの帽子投げ。
上砂ファイターズの帽子は黒。
木にかぶって、よく見えませんね。
逆側から撮るべきでした (反省)。



監督、田草川時夫さんに
インタビューをさせて頂いたのは
今から6年前のこと。
今日は優勝の胴上げに、最高の笑顔でした。
おめでとうございます!



  ~ 表彰式 ~
優勝  上砂ファイターズ
準優勝 国立ヤングスワローズ
3位  瑞穂ウルフファイターズ
3位  小平ライオンズ







上砂ファイターズ



国立ヤングスワローズ



瑞穂ウルフファイターズ



3位  小平ライオンズ

























[最優秀選手賞] [優秀選手賞] [敢闘賞]が
特に活躍された選手に贈られました。
“頑張ったどの選手にもあげたい”と
連盟の方々はいつも
頭を悩ませておられます。



都下少年野球学童連盟副会長 
吉田隆二さん。











都下少年野球の良さは、
なんといっても手づくりの温かさ。
学童連盟のみなさんは
限られた人数で、
色々な仕事をこなされています。

行進の途中で音楽が突然ぷつり、
なんてことも…。
理事長の北原勝大さん(中央)も
自ら率先、動かれます。















※小平ライオンズの皆さんは、
表彰式後すぐに、市の大会へと向かわれたため
集合写真がありません。

新人戦は既にベスト4が決定。
優勝決定戦が待ち遠しいです。

by  T.I