イベントレポート

アルバルク東京AIバスケットボールロボット「CUE3」事前お披露目会フリースローを決めたCUE2が進化して今度は3ポイント

  • エリア その他
  • ジャンル スポーツ
昨年、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた「CUE2」。
この春、またまた進化した「CUE3」が今日お目見えしました。
前回はフリースロー見事に決めて、アリーナ立川立飛の観衆の度肝を抜きました。
しかし、そのあとで挑戦した3ポイントが決められず、
開発者は眠れぬ夜を過ごしたような…

そして、ここに3ポイントを決める「CUE3」が完成しました。
お披露目ということで、アルバルク東京の選手との対決がありました。
登場するのは安藤誓哉選手、馬場雄大選手。



今回、CUE3とともに登場したロボット(T-HR3)と握手。
この握手は隣にいる開発者の動きです。



それでは3ポイントシュート対決です。
センター、レフト、ライトとそれぞれ2本シュートします。
CUE3は2本、選手は各自1本。

それではまずセンターから



そしてレフト
今回の進化のもう一つは、CUE3が自走することです。
ただし、早くはありません。



最後にライト
距離があるので、少し時間がかかります。



結果は?CUE3の勝利でした。



このあと、先にも紹介したロボット(T-HR3)と安藤・馬場選手のバランス競技。
ロボットには動きがあらかじめ記憶されているそうです。



こんな格好までやらされました。
2人には何のことだかわからないのでは?



CUE3練習では完ぺきだったので、今日外したことが信じられないとか。
4月10日までに調整して本番に臨むそうです。



4月10日(水)「トヨタロボットデー」と題して、トヨタ自動車が開発した様々なロボットが登場し、コラボレーションを行います。お楽しみに。

by JK