• Top
  • スポーツ
  • 第89回 箱根駅伝本戦出場校 in 多摩 法政大学
スポーツ

箱根駅伝第89回 箱根駅伝本戦出場校 in 多摩

「法政大学陸上部」監督の言葉

  • ジャンル 箱根駅伝

 

法政大学 陸上競技部
箱根駅伝は3年ぶり、今回で74回目の出場。
70回目(2006年)の大会では、初の往路V達成。
2012.12.23公開記事
 
 
3年分を取り返すように選手たちは走る。
その夢をかなえてやりたい。
「特別なことはやらなくていい」と言っている。
今ある力さえ発揮してくれれば。
10人しか走ることのできない箱根駅伝。
縁の下の力持ちを一生懸命やるのも勉強。
社会に出てからも、その経験は
一生役に立つ。大学に入れてもらい、
好きなことさせてもらって本当な幸せなこと。
お世話になった高校の先生方、ご両親、
支えてくれる方々への感謝を忘れないでほしい。
駅伝監督 成田道彦
成田道彦駅伝監督(右) 坪田智夫コーチ(左)
法政大学は成田駅伝監督、 坪田コーチにとっても母校。
大学時代、区間賞も獲得された成田監督は
1999年コーチに就任、駅伝監督就任13年目。
朝から雨。トレーニングルームで
アップを済ませ、練習場へ。
キャンパスの美しい紅葉をバックに
主将 賀上弘基選手(4年)に続き、
西池和人選手(2年)。
水しぶきをあげる力強い走りに、
成田駅伝監督の言葉「3年分」が蘇る。
大森一輝(4年)選手を先頭に。
全員前だけを見つめて―
強さのヒケツは女子パワー?
いいえ、男性のマネージャーも。
皆さん明るい!
 
 
町田の豊かな自然が、
陸上部員たちを見守っているよう。